なぜ日本にリーダーがいないと言われるのか、ちゃんと論理的に議論しようよ

先ほどNHKで「シリーズ日本新生 : 生み出せ!“危機の時代”のリーダー」という討論番組をやっていましたが、会場でプレゼンとかをしている人の論理があまりにもめちゃくちゃなので、耐えられずに消してしまいました。

「日本にリーダーがいない」というのはよく言われる話です。でもその原因をちゃんと論理的に考えている人はほとんど聞きません。またリーダーがいないから日本がだめになっていくんだという議論についても、本当にそうなのかを論理的に述べている人も見かけません。単なる憶測や思い込みで話している人がほとんどです。

番組をちゃんと見ていないので、本当は批評する資格はないのですが、一般的な話として自分の考えを紹介します。

日本の問題をなるべく論理的に考えてみましょう。

スティーブ・ジョブズを例に出すことのアホらしさ

スティーブ・ジョブズが亡くなったのがついこの前だからみんな例に出すのでしょうが、本番組でも「スティーブ・ジョブズのような傑出した起業家を生み出すには何が必要か」という議論をしてます。そして短い間だけアップル社で仕事をしたとか、ちょっとだけスティーブ・ジョブズを知っているというそれだけでプレゼンテーションをしているうさんくさい人もいました。

あたかもスティーブ・ジョブズがアメリカの成功を代表する存在であって、スティーブのような人が出ないから日本はだめなんだという、最近よくある論理展開です。

これはもう完全にばかばかしい話です。

スティーブ・ジョブズはアメリカの成功の代表なんかではないし、アメリカにおいても彼は完全な例外です。アメリカの大部分の評論家が言っていたことと真逆のことをやってアップル社を再生させましたし、アメリカのIT界にあっては異端児です。アップル社のイノベーションの仕方は明らかにグーグル社やアマゾン社と異質で、アップル社だけがiPhoneとかiPadでイノベーションを起こし、それを他社が真似するという構図が完全にできあがっています。

スティーブ・ジョブズは株主利益を尊重していませんでしたし(これは公言しています)、MBAどころか大学も数ヶ月で中退していますし、ほぼすべての評論家がMacOSもWindowsのように他メーカーにライセンスすべきというときにライセンスを全部取り消しましたし、インターネット時代に直販小売店戦略を始めるなんてバカバカしいと言われた中でアップルストアを成功させました。しかもアップルストアを始めるに当たって、小売店を締め付け、販売を制限し、販売チャンネルを大幅に減らすという常識では考えにくいことをやっています。評論家や経営のプロが言っていたことの逆のことをすることによって、ジョン・スカリーなどの経営のプロがぼろぼろにしてしまったアップル社を立て直したのです。

アメリカでも完全に例外であるスティーブ・ジョブズのような傑出した起業家が出てこないのは、別に日本だけの悩みではなく、アメリカの悩みでもあり、iPhoneやiPadを真似ることしかできていない韓国の悩みでもあります。

リーダーが出てこないのはリーダーの責任なのか、フォロワーの責任なのか

リーダーがいないというときに、すぐに「なぜ日本にはリーダーが育たないのか」「国際社会に通用するリーダーをどう育てるのか」という議論をしてしまいます。しかしそこには論理の飛躍があります。

なぜならばリーダーがいないのはリーダーだけの問題ではなく、フォロワーの問題の可能性があるからです。フォロワーの問題を最初から無視してリーダーの資質の議論をいきなり始めるのは、重大な誤りです。

例えば直近の政治の話をしますと、参議院で野党が過半数をとっている状態でリーダーシップを発揮するのは、たとえどんなリーダーであっても困難なことです。自民党と公明党は与党のことに何でも反対することを最初から決めていますので、どんなに優れた戦略を描いたとしても、そしてどれだけ力強い言葉でそれを国民に語りかけても、それだけではどうにもなりません。

ここ10年間で安定した政権運営ができたのは小泉首相だけですが、彼は高い支持率を背景に衆議院と参議院で過半数がとれましたし、戦略を描けばそれを実行できました。自民党内で造反する議員がいても、高い支持率を後ろ盾に締め付けることができました。

つまりフォロワーの支持があるとリーダーシップは発揮しやすく、またリーダーシップが発揮できればフォロワーの支持が得られます。リーダーシップとフォロワーシップは卵と鶏の関係にあり、どっちかが失われるともう片方もだめになります。

日本の国民は50年ぶりに政権交代したばかりで、政権運営に苦労していた民主党に半年で見切りをつけ、フォロワーシップを放棄しました。そして参議院で野党に過半数の議席を与え、政権運営をますます難しくするという選択をしました。強固な官僚組織の壁に当たって、ただでさえリーダーシップを発揮するのが困難だった民主党に対し、さらにリーダーシップ発揮のハードルを高くしたのです。

鶏と卵の関係なので、どっちが悪いとは簡単に言えませんが、リーダーシップだけでなくフォロワーシップも問題だと言えます。

ちなみに当たり前のことですが、「現場力」があるからフォローワーとして優れている、だから悪いのはリーダーシップの欠如に決まっているという議論ももちろん問題だらけです。「現場力」があるからリーダーシップが発揮しやすいとは限らず、逆の結論を導く議論もいくらでもできます。

日本の国民性や終身雇用の慣行、「和」を重んじる風習を原因としてあげることの愚かさ

日本がどうしてうまくいかないのか、どうして韓国に先を越されているのかという議論をするとき、必ず考えるべきことがあります。

それは1970-80年代の日本は今の韓国ですらかなわない、アメリカが真剣に恐れた奇跡的に優れていた国だったと言うことです。GDPの成長も大変なものでしたが、工業製品の品質も高く、アメリカが追い抜かれるのではないかという危惧がアメリカにはありました。日本人は「エコノミックアニマル」と恐れられ、”Japan as Number 1″という本も書かれ、日本型経営がもてはやされました。

スティーブ・ジョブズもまた1980年代にソニーを尊敬し、ソニーの作業着をまねてアップル社でも制服を導入しようと考えていたというのがウォルター・アイザックソンによるバイオグラフィーに紹介されています。日本の会社へのロイヤルティーは世界中からは羨望の的であり、優れた日本型経営を象徴するものでした。

日本がつい30年前にはこれだけの成功を収めていたわけですから、今の日本の衰退の原因を日本の古来からの国民性や慣行、風習に求めるのは論理的に説得力がありません。日本の国民性が30年間でそんなに変わったとも思えませんし、「和」を重んじる風習などはむしろ30年前の方が強かったかもしれません。それにも関わらず、このことを日本の衰退の理由と考える人がいるというのは驚くばかりです。

日本の衰退の原因を知ろうと思えば、30年前と今とで何が大きく変化したかを分析するのが常道です。例えば少子高齢化とか、円高になったこととかから分析を始めるのが筋です。なのに国民性だとか風習だとか慣行だとか、このように比較的変化が少ないものに最初から注目するのはバカげています。

でも洋の東西を問わず人間は精神論が大好きだし、自国民と他国民の違いを挙げるのが好きなので、国民性が注目されやすいのです。

まとめ

以上、スティーブ・ジョブズを例に挙げることのバカらしさ、すぐにリーダーシップの欠如を取り上げることの論理的飛躍、そして日本の国民性を議題にすることの的外れ加減について説明しました。

こんな議論を続けても何の結論も見えてこないのは明白です。

経済学を含めた社会科学全般の問題でもあるのですが、もっと議論の出発点を大事にしないと、時間を無駄にするだけだと思いますよ。