イギリスのインターネット広告は’09にテレビ広告を抜く

Advertising Ageの記事、”U.K. Online Spending to Surpass TV in ’09“。

Pricewaterhouse CoopersWorld Advertising Research Centreと合同で作成されたInternet Advertising Bureauのレポートによると、景気悪化の影響でインターネット広告にお金が流れているとのことです。

2007にインターネット広告売上は38%上昇して5.6兆ドルに達し、2008, 9年と引き続き伸びて、テレビ広告売上の8兆ドルを超える見通しであるとのことです。

このようにインターネット広告が伸びているというレポートは決して珍しいことではないのですが、面白いのはInternet Advertising Bureau CEOのGuy Phillipsonの以下のコメント;

“Online budgets are pretty much ring-fenced. Marketers can see exactly where their money is going, and it’s the last medium to have budgets cut. Given a choice between traditional and online media, you’d maintain your online spend.”

「オンライン広告の予算はかなりリスクフリーです。広告主はオンライン広告のお金がどこに使われているかが正確に把握できるので、予算削減の対象とはなりにくいのです。従来の広告媒体とインターネットのどちらの予算を削減するかを判断するとしたら、インターネット広告予算は維持して従来のものを削減するでしょう。」

教訓: 景気が悪化している局面において、広告予算をどこに投じるかの判断は「宣伝効果」の大小によって決まるのではなく、「リスク」の大小によって決まります。透明性が高く、「リスク」が少ないのがインターネット広告です。

 

さてバイオ業界に話を転じます。

日本でのバイオ業界は景気が悪化しています。したがって広告宣伝などの予算は、より効果が見えやすいものに流れようとしています。しかし、インターネット広告には流れていません。どちらかというと、今までの広告宣伝費は営業人員の増加に使われています。どうしてそうなってしまっているか、自分なりの意見をあげます。

  1. 透明性の高いインターネット広告をやってくれるインターネット媒体が未発達: ネイチャーや羊土社などはインターネット広告を募集していますが、クリック数すら教えてくれません。これではインターネット広告の良さが活かされません。
  2. インターネット上で製品のディスカッションがない: 例えば家電製品やパソコンであれば、各製品の善し悪しがインターネット上で盛んに議論されています。価格コムの口コミやアマゾンのレビュー、さらに個人のブログなどで使用体験などが多く掲載されています。その一方でバイオ研究用の製品のディスカッションはほとんど行われていません。したがって広告を貼るべきウェブサイトそのものが少ないです。
バイオ業界のインターネット広告が広まっていかないというのは結構重大な問題で、儲かるか儲からないかですむ話ではありません。例えば民放のテレビは主に広告で収入を得ていますし、多くの雑誌と新聞も広告収入なしでは成り立ちません。Google, mixi, Yahoo, Gmailなどのインターネットサービスも収入のほとんどは広告です。インターネット広告が盛んになってくれないと、ネット上の民間のバイオ関連サービスが立ち上がりません。
もちろん国家予算や大学の研究の成果として、NCBIのような学術的なウェブは出来上がりますし、いいものができてくるでしょう。
しかし、国家主導の研究だけでは先端的な研究は進まないのです。一番身近な例はヒトゲノムプロジェクト。ABI無しでヒトゲノムプロジェクトはあり得なかったのと同じように、民間のインターネットサイトが広がっていかないとバイオでのインターネット活用は尻すぼみになってしまうと思います。
今の状態をなんとか変えて、バイオ業界でのインターネット広告を盛んにしていきたいですね。