神戸女学院大学、内田樹さんのブログ

今朝の朝日新聞に神戸女学院大学、内田樹さんのブログの「貧乏シフト」という記事が取り上げられていました。最近の女学生の関心事が、「ブランド」「ファッション」「アート」「美食」から「東アジア」「窮乏」に急速にシフトしていることを取り上げています。そしてこれを「自分たちには何が欠けているのかを数え上げる」ことから「自分たちが豊かにもっているものを誰にどんなかたちで与えることができるのかを考える」方向性ととらえ、歓迎しています。新聞記事が面白かったので、内田樹さんのブログを読んでみたら、他にも面白い記事がいろいろありそうでした。

まだ少しだけしか見ていないのですが、ライフサイエンスの世界に関連のある記事を一つ紹介します。

「内向き」で何か問題でも?

この記事では、「『国内に同国語の十分なリテラシーをもつ読者が1億以上』というような市場をもつ国は世界にほとんど存在しない」という日本固有の特徴を取り上げています。そこから、日本人が「内向き」であること、一方でフィンランドのような小国が「外向き」であることは必然的であることを解説しています。(理系脳の私としては、内田さんの構造化されていない文章はとても読みにくいのですが、言っていることは僕の考えと良く似ています)

バイオの世界で言えば、これに関連することはいくつかあります

  1. アメリカの大学に行くと、日本人学生よりも韓国人学生などが圧倒的に目立つ。相対的に日本人は「内向き」なんだと感じます。
  2. 研究用試薬・機器の学術資料を和訳しているのは、ほとんど日本だけ。
  3. 専門用語を英語のまま使わずに、翻訳したものを使っている国は日本と中国以外になさそう。(加々美の過去のブログ

このブログでも何回か取り上げていますが、残念なのはこのような日本の特徴がアメリカやヨーロッパの本社になかなか理解してもらえず、和訳された学術資料の重要性を認識してもらえない点です。

でも僕の予想ですが、中国へ各メーカーが進出していくと、その国の言語に翻訳された学術資料の重要性が見えてくると思います。中国もまた巨大な国内市場を持っていますので、「内向き」なところは多々あるはずです。Googleの検索語を使った分析でもその傾向は見られています

そのときに、各メーカーの日本支社で培われた学術翻訳のノウハウがうまく活用されることを期待しています。(日本の支社も、そのつもりでがんばってもらいたい)