「なぜ職場で仕事ができないのか」について

TED TALKSで37signalsのJason Friedが「なぜ職場で仕事ができないのか」という題で話しているビデオを見ました。

日本語字幕もあるので、ぜひ見てください。

自分の経験を合わせた感想を以下に紹介します。

  1. M&M (Managers & Meetings)が仕事の邪魔をしているのは全くその通りだと思います。M&Mの代わりにJason Friedが言うように、例えばチャットだとか、37signalsが提供しているBasecampなどのツールを使ってコラボレーションをやれれば良かったと思いますが、残念ながら普通の会社はそういうのをなかなか使わせてくれません。あるいはそこまで考えてITはツールを用意してくれません。僕の意識も十分ではなかったのですが、そういうツールをもっと積極的に使えば良かったと思っています。(ITはMicrosoftのSharepointは用意してくれていましたが、使い方がわかりませんでした。すぐに使い方がわかるBasecampの良さはここにあります)
  2. 前にいた会社は電話サポートの人にマーケティングをさせていました。これについては僕は強行に反対しました。理由はJason Friedが言うように、時間が分断されてしまうと人間は仕事ができないからです。電話サポートの人は必然的に時間が分断されてしまうので、マーケティング戦略をじっくり考えるなんて不可能なのです。残念ながら上司には聞き入れられませんでしたが、どうして断られたかははっきりしています。その上司が人の仕事を平気で中断させる人だったからです。
  3. 確かに会社にいると数時間でも中断されない時間を作るのは大変です。でも前の会社の上司は10時間ミーティングならやっていました。うーん。