どうしてiBooks Authorのデジタル書籍はAndroidで動かないのかについて考えてみる

iBooks Authorのデジタル書籍はアップル独自のファイルフォーマットを使っていて、現時点ではAndroidなどでは動かせません。

理由はいくらでも考えられます。

  1. 競合のAndroidを助けたくないから。
  2. そもそもAndroidのタブレットなんて無視できるぐらいしか売れていないから。

などが普通の考える理由でしょう。

でももう一つ理由があります。

それはAndroidではうまく動かないからというものです。

つい最近まで、Androidのグラフィックス描写はハードウェアアクセラレーションが十分活用できませんでした

Anantechの”Samsung Galaxy Nexus & Ice Cream Sandwich Review”によると、Honeycomb (Android 3.0)になって初めてGPUを活用したGUI描写が行われるようになったそうです。それでもまだ完全ではなく、ようやくIce Cream Sandwich (Android 4)になってOS、ブラウザ、そしてGoogle提供のアプリがGPUを活用するようになったそうです。そしてこの効果はすごく高いという話です。

一番売れ筋のAndroidタブレットは古いOSを使っていて、GPUが活用できない

一番売れ筋のAndroidタブレットというのはAmazon Kindle Fireのことです。これはAndroid 2.3をベースに独自に改良したOSを使っていると報告されています。ハードウェアのスペックも低いものになっています。

当然ながらグラフィックス性能は低いです。

iBooks Authorでは様々なアニメーションが使われていますので、Kindle Fireではうまく動かない可能性が高いです。仮にApple社ががんばって作っても。

まとめ

仮にApple社が何らかの理由でAndroid用のiBooksを開発しようと思っても、最も売れているKindle Fireで動くようにはできなさそうです。ハード的にも貧弱ですが、それよりもOSが古いのが問題になりそうです。

UIのアニメーションがうまく動かないでしょう。

このブログにも前に書きましたが、Kindle FireのようなローエンドマシンがAndroidで最も売れるタブレットになってしまうと、タブレットにおけるAndroidのイノベーションが大きく阻害される可能性があります。アップル社がわざわざそういうプラットフォーム用にソフトを作るはずがありません。