オバマ次期米国大統領の世界へのインパクト

BBCの記事を読みました。

Obama and the rest of the world

Long before Americans went to the polls, the world had already chosen Barack Obama as the next president of the United States.

The crowd of 200,000 excited Germans that cheered him in Berlin, in July, was a far cry from the protesters that often greeted President George W Bush on his foreign trips.

オバマと世界の他の国々

アメリカ人が投票所に行く遥か前から、世界はバラクオバマ氏をアメリカの次期大統領に選んでいました。

7月にベルリンで彼に声援を送った20万人の興奮したベルリン人の観衆は、ブッシュ大統領が訪問したときにしばしば見られた抗議デモとは全く異なるものでした。

アメリカって本当はこんな国なんですね。

日本の首相は日本人だって期待が持てません。
中国の共産党書記長は世界から疑いの目でしか見られません。
アジアから見れば日本の首相も同じレベルなんでしょうね。
ロシアも同様です。

世界中が夢と期待を抱いてしまうアメリカ大統領ってなんなんでしょう。
僕が生まれる前にはケネディー大統領もそうだったらしいのですが、未だにアメリカという国はそういう力を持っているのですね。

歴史をひもとけば、かつて超大国というのはいくつもありました。唐の時代の中国、7つの海を支配した英国など。でも僕が知る限り、こんなことはなかったのでは。