日本語になった4Qアンケートシステム 11.7%の回答率

4Qアンケートシステムはウェブサイトに訪問してくれるお客様に対して、簡単なアンケートを実施するもので、ユーザの目的達成度や満足度を知る有用なツールです。これについては既に何回かこのブログで取り上げています。(1, 2, 3, 4, 5)

このアンケートシステムは当初は英語版しかなかったのですが、最近日本語版が用意されました。バイオの買物.comでは7/22からこの日本語版に切り替えましたので、簡単に回答率について報告したいと思います。

2008/7/22のブログでも紹介しましたように、英語版ではおおよそ3.1%の回答率でした。それが日本語版ですと、

7/22 – 7/28の期間で

23回答 x (100%/20%) / 980 ユニークユーザ = 11.7%

* 100% / 20% というのは、訪問者の20%にしかアンケートが表示されないため

となりました。

英語版に比べて、日本語版にした結果、回答率は約4倍に上昇。そして得られた11.7%という回答率というのは、景品無しのアンケートとしては実に驚異的な数字だと思います。以前にメーカーで働いていたときに行っていたメールで参加を促すキャンペーンでは、景品を付けてもこんな数字にはなりませんでした。

ということで、この4Qアンケートシステムを他人に勧める上でもう迷いはありません。

皆さん、特にメーカーのウェブサイトを運営している方は、ぜひこのアンケートシステムを導入して、お客様の生の声をご確認ください。このシステムは無償ですし、いまのところお客様から「こんなの邪魔だ」というコメントは一切いただいていませんので、躊躇する理由は無いと思います。

またわからない点がありましたら、私が可能な限りお答えしますので、ぜひご連絡をください。

バイオ関連のすべてのウェブサイトが、より良いものになっていくことを切に願っています。

  • きゃろらいん

    お久しぶりです。ロン日の同窓生、きゃろらいんです(もとじょあんな)。エヌさんのブログはいつも難しく、なかなかカキコできないのですが、これならと思い、書いてます。

    アンケートは私も何度か経験がありますが、なぜか良さそうなサイトに限り、詐欺サイトの監視モードになってしまい、使えません。困ったものです。(馬鹿なコメントですみません)

  • きゃろらいんさん、こんにちは

    「詐欺サイトの監視モード」というのはブラウザの話ですよね?
    アンケートのシステムによっては、ブラウザを「詐欺サイト監視モード」にしてしまうものは確かにあると思います。僕がいま使っているアンケートシステムもちゃんと確認していないので、もしかしたら一部の訪問者ではそうなってしまっているかもしれません。

    コンピュータのウィルスとか詐欺サイトってとても厄介なもので、防ぐための仕組みを作ると善意のものまでやっつけてしまうことがあります。でも、僕はこの善と悪の攻防がとても興味深く、いつかはもっと深く勉強したいと思っています。

    子供の発熱もそうですよね。インフルエンザウィルスなどをやっつけるための仕組みとして用意されているものが、時として不必要に子供を苦しめてしまう。我が子が熱で苦しんでいるのをあやしながら、いつもそんなことを考えてしまっています。