神戸女学院大学、内田樹さんのブログ

今朝の朝日新聞に神戸女学院大学、内田樹さんのブログの「貧乏シフト」という記事が取り上げられていました。最近の女学生の関心事が、「ブランド」「ファッション」「アート」「美食」から「東アジア」「窮乏」に急速にシフトしていることを取り上げています。そしてこれを「自分たちには何が欠けているのかを数え上げる」ことから「自分たちが豊かにもっているものを誰にどんなかたちで与えることができるのかを考える」方向性ととらえ、歓迎しています。新聞記事が面白かったので、内田樹さんのブログを読んでみたら、他にも面白い記事がいろいろありそうでした。

まだ少しだけしか見ていないのですが、ライフサイエンスの世界に関連のある記事を一つ紹介します。

「内向き」で何か問題でも?

この記事では、「『国内に同国語の十分なリテラシーをもつ読者が1億以上』というような市場をもつ国は世界にほとんど存在しない」という日本固有の特徴を取り上げています。そこから、日本人が「内向き」であること、一方でフィンランドのような小国が「外向き」であることは必然的であることを解説しています。(理系脳の私としては、内田さんの構造化されていない文章はとても読みにくいのですが、言っていることは僕の考えと良く似ています)

バイオの世界で言えば、これに関連することはいくつかあります

  1. アメリカの大学に行くと、日本人学生よりも韓国人学生などが圧倒的に目立つ。相対的に日本人は「内向き」なんだと感じます。
  2. 研究用試薬・機器の学術資料を和訳しているのは、ほとんど日本だけ。
  3. 専門用語を英語のまま使わずに、翻訳したものを使っている国は日本と中国以外になさそう。(加々美の過去のブログ

このブログでも何回か取り上げていますが、残念なのはこのような日本の特徴がアメリカやヨーロッパの本社になかなか理解してもらえず、和訳された学術資料の重要性を認識してもらえない点です。

でも僕の予想ですが、中国へ各メーカーが進出していくと、その国の言語に翻訳された学術資料の重要性が見えてくると思います。中国もまた巨大な国内市場を持っていますので、「内向き」なところは多々あるはずです。Googleの検索語を使った分析でもその傾向は見られています

そのときに、各メーカーの日本支社で培われた学術翻訳のノウハウがうまく活用されることを期待しています。(日本の支社も、そのつもりでがんばってもらいたい)

茂木 健一郎

Wikipediaの記事茂木 健一郎と僕が同じ高校卒で大学の学部も一緒だということがわかって、ちょっとびっくり。

そうはいうものの、彼のこのインタビュー「バブルはひらめき、脳科学で読み解く経済危機」はちょっといただけない。

経済のバブルと神経のひらめき(彼の言う「アハ体験」)を一緒にするなんて、「要するに自分の研究のPRをしたかったのでしょう?」って感じです。

経済学は人間の行動についての学問なので、心理学や脳の研究が関係するのはわかります。また脳のような複雑な組織の管理方法から、経済学に対する示唆があることも推測されます。

ならばそっちの方を話せばいいのにね。

日本マスメディアの数ある問題のうちのひとつとして、コネクションの少なさがあるように思います。良くマスコミに登場する人に、すぐに専門外のコメントを言わせています。昔の話ですが、オーム真理教事件のときにテレビに登場した数人のオームウォッチャーが、その後もなぜか居座って、関係のないニュースの論評までするようになってしまい、レギュラーになってしまいました。

各事件や各話題に最適な本当の専門家、本当にインタビューをお願いするべき人物につながる人脈を普段からちゃんと作っていないから、とりあえずその場にいる人にコメントをお願いしてしまうようです。

心から科学的な思考が染み付いている人は、自分の口から根拠の薄いことを言うのを嫌いますから、自分の専門外のコメントを求められても断ることが多いと思いますが、テレビに登場できるというのも魅力なので、茂木さんなどはついついやってしまうのでしょうね。

いずれにしても、ちょっと尊敬できない人が先輩で、複雑な気持ちでした。

‘ran out of buffer space on element’ errors in Hpricot

Hpricot is a great gem for parsing web pages, and combined with the automatic navigation capabilities provided by WWW::Mechanize, it really becomes easy to create a robot to scrape web sites.

One problem, mentioned in this blog post, is that an ever increasing number of ASP.NET web sites have huge amounts of data in an HTML attribute.

Instead of using the methods provided by Hpricot and WWW::Mechanize to work around this issue (as described in the blog post), I used the following monkey patch.


module WWW
  require 'hpricot'
  class Mechanize
    Hpricot.buffer_size = 262144  # added by naofumi
  end
end

You can put it an initializer if you are working in Rails.

高校生の携帯電話の使い方2

昨日の「高校生の携帯電話の使い方」のポストを受けた、第二弾。

今後のあり方について、思いつくことをいくつか書き留めておきます。

携帯電話はパワフルなパソコンだと理解するべし

携帯電話のパワー、記憶容量、グラフィックスは日進月歩です。僕が最初に使っていた富士通のFM-7という8-bitパソコンの処理能力はもちろん、僕が大学生だった頃に流行っていた16-bitパソコンのNEC PC-9800シリーズと比べると、今の携帯電話は信じられないほどの高性能です。Macintoshなど初期の32-bitパソコンと比較しても、今の携帯電話の方が遥かに処理能力があるでしょう(クロック数だけで言ったらiPhone 412MHz vs. Mac Plus 8MHz)。しかも携帯のネットワーク速度は遅いと言っても、インターネット初期の2400bpsモデムに比べれば遥かに速いです。

しかも携帯電話はiPhoneやBlackBerryなどのスマートフォンの普及で、さらに携帯電話は進歩しようとしています。

携帯電話は単なる「電話」や短いメールをやり取りするものではなくなく、高度なインターネットデバイスになろうとしているのです。一見すると、パソコン同様に、勉強にポジティブに活用できるはずです。

携帯電話で勉強しにくい環境が作られてしまった

近年の日本の携帯電話は音楽やワンセグチューナー、さらにお財布携帯、モバイルゲームなど、言ってみれば「遊び」の部分で発達してきました。ですから、中学生や高校生に携帯を持たせても、それはおもちゃを持たせているようなものだと思われてしまいます。

しかし携帯電話というのは、インターネット黎明期の10年前の高機能パソコン以上の性能を持っています。その気になれば勉強に非常に役立つ使い方ができるはずです。しかし残念ながら、そのような使われ方はあまりされていないようです。それがなぜかを考えてみます。

Wikipediaを携帯で見られるようにしている無料サイトは複数あります。しかしこのように情報系サイトが無料で使えるのは、携帯電話の世界ではレアケースです。例えば新聞社のサイトは今でも携帯版は有料です(インターネット版は無料なのに)。雑誌系のサイトも同様です。

携帯電話はちょっと暇な時間、例えば通勤電車の中で見られるというのが大きな特徴ですが、中高生の勉強になりそうな情報は残念ながらほとんどが有料なのです。僕も何回も経験がありますが、役に立つ情報系サイトが見られないので、仕方なくそんなに面白くもなく、時間の無駄にしかならないモバイルゲームをやってしまいます。

せっかくの携帯電話を勉強に利用してもらうのであれば、勉強に有用なコンテンツをインターネット同様に無料化していくか、あるいはインターネットサイトのアクセス料がパケット放題の料金の中に含まれるようにしないといけないでしょう。iPhoneの登場でまさにインターネットサイト閲覧がパケット放題に料金に含まれるようになりましたので、しだいに携帯電話が勉強に利用されていくのではないかと期待しています。

結論

今までの日本の携帯は、スペック的には非常に優れていて、勉強用に活用する上では問題はなかったはずです。しかし勉強に有用な情報系サイトがほとんど有料だったりするなど、環境がそろっていませんでした。しかもワンセグなど勉強を阻害する方向でばかり進歩してしまったために、携帯は遊びの道具というイメージが定着してしまったように感じます。

言ってみれば、日本の携帯電話はパソコンのインターネットとは大きく異なる進化をしましたが、それが結果として「遊び」専用(少なくとも中高生にとっては)の携帯電話の形を生んでしまったように思います。

iPhoneなどの登場で、インターネットの無料の情報系サイトをフルブラウザで閲覧することが一般化すれば、勉強に役立つ使い方がかなりできるようになってきます。これを機会に、携帯を中高で禁止するのではなく、逆に勉強に役立てる機運が高まることを期待します。

高校生の携帯電話の使い方

正月に姪に携帯電話をどのように使っているかを、ちょっとしつこく聞いてきました。彼女は高校1年生で、一日に150通ぐらいメールをやり取りしているらしいです。

  1. 高校生はパケット放題に入っている
    ウェブをそれなりに使うということのようです。メインはメールらしいのですが。
  2. メールは一文程度のごく短いもの。
    要するにTwitterみたいな感じなのか。
  3. 自分専用のパソコンがあっても、面倒だから使わない。
    何が面倒なのか、よくわからないけど、逆に携帯には不満は無いとと解釈しました。
  4. 携帯の広告はパソコンの広告よりもウザイ。しかも間違えてクリックしてしまうことが多い。
    日本のウェブ企業の多くはモバイルへの注力を強調していますが、これは利用者が多いだけでなく、広告がウザイ、つまり良く目に入る ということだけかもしれません。だから携帯広告の方が効果が高いのか?と思ってしまいました。逆にiPhoneなどの新世代携帯電話により広告がウザくなくなるということがあれば、モバイルが企業にとっておいしくなくなるかも知れません。
  5. メールはほとんどが親友同士。
    ということはぼくらがTwitterするのとは全く感覚が違うのでしょう。短い文章を頻繁に打ち込んでいても、多くの人に情報を発信するのが目的ではない。そういう意味ではFacebookやmixiとも全然意図が異なるようです。
  6. 親が一番心配しているのは、個人情報が漏れてしまうこと。
    こんなのはアクセスを友人のみに限定できるSNSで解決できそうな気がするのですが、どうなっているのでしょうか。
  7. 勉強に使えるサイトはないのか、使っていないのか。
    パソコンのサイトだったら子供の勉強になるものがいくつもあると聞くし、良きにつけ悪きにつけインターネットは勉強に利用されていますが、携帯サイトではそれが無いのは残念のような気がします。

それを受けて、僕が思ったこと。
なお、ぼくは32歳で初めて携帯電話を持つようになったような人で、妻とのメールや電話、仕事の電話以外はほとんど使ったことがありません。そういう意味ではあまりコメントする資格は本当は無いのかもしれませんが、それでも気になることがあるので書きました。

  1. パケット放題に入っているということで、高校生がかなり高い費用を携帯に使っていることがわかります。収入が少ない家庭だとこれはかなりの経済的負担でしょう。格差がここにも現れているのか。
  2. 日本のインターネット企業はモバイルに注力しているという話をよく聞きますが、iPhoneなどが搭載している使いやすいフルブラウザによって、モバイル広告のうまみは減っていくかもしれません。
  3. 中学生、高校生の携帯電話の使用を制限するのばかりではなく、ここまで利用が進んでいるのなら、中高生により効果的に携帯電話を使ってもらう方法を模索した方がいいと思います。勉強に利用できるサイトの立ち上げを奨励したり、そういうサイトを授業で活用してみたり、あるいは授業の中で携帯用サイトを作成する実習をしたりなど。
  4. 携帯のみのサービスだと、日本人同士のコミュニケーションには問題はないのでしょうが、外国の存在が見えにくくなります。特に日本人は外国の人よりもプライバシーを重視すると言われていますので、日本人同士といっても狭い付き合いで終わってしまうでしょう。一方パソコンであれば、いやでも外国のサイトが見えますし、また外国の友人を作るようなSNSもたくさんあります。国際社会で通用する日本人を育成する観点から、携帯だけでなく、パソコンも利用が進むようにしたいですね。

JPGという読者投票型写真雑誌がつぶれたそうです

僕は全然フォローしていませんでしたがJPGという読者投票型写真雑誌が1月5日をもってつぶれるそうです。

これに対して、Robert ScobleというMicrosoft出身のIT評論家がブログを書いています。

そのブログの中には、バイオの買物.comを含め、インターネット広告で食っていこうというウェブサイトすべてにとって重要な教訓が記されています。

以下の状態ならまずいよって結論をしています。

  1. ユーザ層が新しいもの好きの人ばかり。
  2. 広告主に対して伝えられる、明確なユーザ層がいない。単に写真好きを集めたというのでは、十分じゃない。
  3. 製品を買おうと思っているユーザを集めていない。例えば良い写真雑誌のほとんどは、表紙に作品を飾らず、カメラ機材を表紙にしている。そうしていないのなら、道は険しい。
  4. 広告主がユーザとコミュニケーションする方法を提供していない。
  5. 棚スペースが得られていない。ユーザが目にしやすい場所にウェブサイトがプロモーションされてなくて、十分なユーザ数が集まらない。

バイオの買物.comならこのうちの半分ぐらいは何とかなりそうなところに来ています。残りの半分は2009年の課題です。

あきらめるな!死ななければ金持ちになれる

Paul Grahamという有名なハッカー/ベンチャー投資家が、支援している起業家を集めたパーティーで話した内容 “How Not to Die” を紹介します。

WikipediaのPaul Grahamの記事を見た初めて知ったのですが、和訳をしてくれている人もいました。全文はそちらで確認してください。

僕が感じたポイントは以下のものです。

  1. ただ死を免れることができれば金持ちになれる

  2. スタートアップが死ぬときには、公式の理由はいつも資金切れか、主要な創業者が抜けたためとされる。両方同時に起こる場合も多い。しかしその背後にある理由は、彼らがやる気をなくしたためだと私は考えている。

  3. しがみついてさえいれば金持ちになれるというのに、こうも多くのスタートアップがやる気をなくして失敗するのは、スタートアップをやるというのがすごく滅入るものになりうるということだ。これは確かにその通りだ。

  4. もうひとつ不安に思えるけどスタートアップにおいては正常なことに、自分のやっていることが機能していないように感じられるというのがある。そんな風に感じられる理由は、君たちのやることがたぶん機能しないからだ。スタートアップがものごとを最初から正しくやるということはほとんどない。それよりずっとありそうなのは、何かをローンチするが、誰も注意を払わないということだ。そうなったとしても、失敗したと思わないことだ。スタートアップではそれが普通のことなのだ。しかし何もせずにぶらぶらしていてはいけない。繰り返す ことだ。

  5. Y Combinatorの仕事をやってきて見つけた興味深いことは、創業者たちは何百万ドルも手に入るかもしれないという望みよりは、みっともなく見えることへの恐れにより強く動機づけられるということだ。だから何百万ドルというお金を手にしたければ、失敗が公然として恥ずかしいものになるような位置に自分を置くことだ。

  6. だから今言っておこう。これからひどいことが起こる。それはスタートアップの常なのだ。ローンチしてからIPOや買収が行われるまでに何らかの災難に見舞われないようなスタートアップは1000に1つというものだ。だからそれでやる気をなくしたりしないことだ。災難に見舞われたら、こう考えることだ。ああ、これがポールの言っていたやつか。どうしろと言ってたっけな? ああ、そうだ、 「あきらめるな」だ。

バイオの買物.comを作っているCastle104以外に、ライフサイエンスの分野でインターネットベンチャーを立ち上げている日本の会社が数社あります。でもまだ成功しているといえる企業は少ないというか、たぶん一般の研究者の目から見れば、まだ全然ないと感じているでしょう。

Paul Grahamの言葉は、僕を含め、同じようなことをやっているいくつかのベンチャー企業に対するエールに聞こえました。

みんな、なんとかがんばって、2009年を生き抜こう!!

追記
ベンチャー企業を立ち上げることがどれだけ精神的につらいかを、自分の経験に基づいて紹介しているこのブログもあります。この人はPaul Grahamと違って、ベンチャーで成功したのではなく、まだその途中です。でもPaul Grahamと同じようなことを話しています。

Handling UTF16 line endings in Ruby

A quick memo of a problem that I was having with Ruby.

I was reading in a UTF-16 Little-Endian text file with Windows (CR+LF) line endings, using the Ruby ‘read’ command, then converting it to UTF8 using the NKF library. I was constantly running into a problem where some of the characters were garbled.

After some digging around, I found this post (in Japanese).
Ruby List

What it is saying is that UTF-16 Little-Endian CD+LF line endings are encoded as

"r 00 n 00"

The problem is that since the Ruby get command uses “n” as the default separator string, the string that is actually read in is

"r 00 n"

The result is such that the final character “n” is only 8 bits long and is not a valid UTF-16 character. This causes NKF to misbehave and garble the text (with Iconv, it spits out an error and quits).

Instead of using a simple gets to fetch a line from UTF-16 Little-Endian CD+LF text, simply use

gets("n00")

You can then use either NKF or Iconv without any problems.