Androidのタブレットは成功するか?

iPadと対抗すべく、多くのAndroidタブレットがまもなく発売されるそうです(“Ipad, a Wave of Android Tablets Are Gunning for You”)。

しかしAndroid携帯のマーケットシェアが拡大しているとはいえ、タブレットの世界でも成功する保証はどこにもありません。

Android携帯がシェアを拡大できているのは、Apple社がキャリアを制限していることが一番大きな理由だと考えられます。日本だったらiPhoneを売っているのはソフトバンクですが、ドコモだったらもっとたくさん売れたと考えるのは自然です。同様に米国ではAT&Tが独占的にiPhoneを売っていますが、Verizonが売ればもっともっと売れただろうと大部分の人が考えています。iPhoneがVerizonから出ていれば、Androidが入り込むスキすらなかっただろうという考えもあります。

いずれにしてもApple社はキャリアを制限することで、Androidに走り込むスペースを開けてしまったのは間違いありません。別な戦略的意図があったとは思いますが、シェア獲得という点だけ考えると、キャリアを制限したのは間違いなく不利でした。

タブレットの世界では、このキャリア問題の影響は小さくなります。WiFiだけのモデルがあることからも分かるように、携帯電話キャリアのネットワークに依存しない使い方が多いからです。

つまりAndroid携帯の最大の強みが、タブレットの場合は少ない、あるいは全く無いのです。

どっちかというと、タブレットの市場はスマートフォンのように展開するのではなく、MP3プレイヤーのように展開するだろうと僕は予想します。そう、iPodに支配されているMP3プレイヤー市場のようになるでしょう。ただ今回は最初からApp Storeが整備されているので、差はより圧倒的になるとも考えられます。

NewImage.jpg