Bob Sutton: Stanford大学教授の信条

Bob Suttonというスタンフォード大学教授のブログと、そこに書いてある彼の信条が非常に面白かったので紹介します。

Bob Suttonは管理職の知識と組織のアクション、イノベーション、成果の関連性およびズレについて研究しています。

さて、ブログに書いてあった彼の15の信条です。

  1. Sometimes the best management is no management at all — first do no harm! : ときとして、最高のマネージメントとは何もしないことであるーー何よりもまずは邪魔をするな!
  2. Indifference is as important as passion : 情熱を持つのと同じぐらいに、距離を置いた冷めた視線も大切だ
  3. In organizational life, you can have influence over others or you can have freedom from others, but you can’t have both at the same time : 組織での生活においては、他者に対する強い影響力を持つか、あるいは他者からの自由を維持することができる。しかし、これは同時には持てない。
  4. Saying smart things and giving smart answers are important. Learning to listen to others and to ask smart questions is more important : 賢いことを言ったり、賢い回答をすることは大切だ。しかしそれ以上に大切なことは、他者の言うことを聞いたり、賢い質問をすることを学ぶことだ。
  5. Learn how to fight as if you are right and listen as if you are wrong: It helps you develop strong opinions that are weakly held : 戦うときは自分が絶対正しいという姿勢で、他人の意見を聞くときは自分は間違っているという姿勢でいることを覚えなさい。強い意見を持ちながら、それに固執しないことができるようになる。
  6. You get what you expect from people. This is especially true when it comes to selfish behavior; unvarnished self-interest is a learned social norm, not an unwavering feature of human behavior : 他人は悪い意味で、あなたの期待通りになってしまう。高い期待を持たなければ、低レベルのことしかしてくれないだろう。これは特に利己的な行動によく現れる。利己的な行動は社会から学習されるのであって、人間の本来的な行動ではない。
  7. Getting a little power can turn you into an insensitive self-centered jerk : 権力を持つことによって、それまでまともだった人間が、感受性の低い、自己中心的で、とても嫌な奴に変身することがある。
  8. Avoid pompous jerks whenever possible. They not only can make you feel bad about yourself, chances are that you will eventually start acting like them. : 偉そうで嫌な奴はなるべく避けろ。つきあっていると、嫌な気分になるだけでなく、彼らと同じような行動が身に付いてしまうだろう。
  9. The best test of a person’s character is how he or she treats those with less power. : 人の性格を知るのに一番良いのは、自分よりも権力の無い人をどのように扱っているかを見ることである。
  10. The best single question for testing an organization’s character is: What happens when people make mistakes? : 組織の性格を知るのに一番良いのは、間違いが起きたときに何が行われるかを観察することである。
  11. The best people and organizations have the attitude of wisdom: The courage to act on what they know right now and the humility to change course when they find better evidence : 優れた人と組織は知性的な態度を持っている。つまり、現時点で得ている限定的な知識に基づいて行動する勇気を持ち、かつより多くの情報を得た時点で方向を変える謙虚さを持っている。
  12. The quest for management magic and breakthrough ideas is overrated; being a master of the obvious is underrated : マネージメントスキルや画期的なアイデアの価値は過大評価されている。当たり前のことをマスターすることは過小評価されている。
  13. Err on the side of optimism and positive energy in all things : どうせ間違いを犯すのであれば、楽観性やポジティブな活力の方向に向かって間違えなさい。
  14. It is good to ask yourself, do I have enough? Do you really need more money, power, prestige, or stuff? : 自分が満ち足りているかどうかを顧みることは大切だ。本当にもっとお金がいるのですか?もっと名声が必要ですか?など。
  15. Work is an overrated activity : 「仕事」の重要性は過大評価されている。
  • Nice writing style. I look forward to reading more in the future.