Do Targeted Digital Ads Work Better?

In a previous post, I predicted that Google's double digit growth will come to an end most likely before 2020. I argued that this was due to the fact that advertising spend has been pegged at about 1% of GDP for a century, and that this hard ceiling would make it challenging for Google to continue fast growth amidst increasing competition from Facebook and other social networks.

Recently it was reported that P&G slashed 140 million USD from its digital ad spending, but saw sales rise for 2017Q2. The article also mentions that

Over five years, P&G is aiming for $2 billion in marketing cuts, including media, with a heavy emphasis on cleaning up the digital supply chain.

Despite high double digit growth for the current quarter, it is clear that there are clouds in the horizon for Google.

The ceiling for ad spending

The Bloomberg article mentioned in my previous post presented the following chart showing just how constant ad spending has been as a percentage of GDP. The earliest data point in this chart goes back to 1926, which is very much the beginning of advertising as we know it today. This is when corporations started to take advantage of the government propaganda techniques that had been employed during World War I, in a massive effort to get young men to enlist in the military forces.

We can see that even as the advertising media shifted from street posters to radio to television and finally the mobile Internet, nothing has significantly grown the advertising market relative to GDP. The fact that ad spending has not significantly grown since the era when all we had were street posters is remarkable when you think about it. Ads used to only be on the streets but radio allowed private time with families to be targeted as well. Even then, ad spending remained constant. Importantly in the context of digital advertising, the advent of highly targeted digital ads which collect all sorts of private information about virtually person on the Internet have not detectably increased total ad spending.

The ceiling for ad spending is very robust indeed.

Sophisticated analytics in digital ads

A lot has been made about the highly sophisticated analytics that digital advertising makes possible (often at the expense of privacy, of course). By use of tracking across multiple websites, it is possible to see whether customers who saw banner ads actually came to an e-commence site to make the purchase. All sorts of techniques have been devised to even connect online behaviour to purchases at physical stores. All this should make it possible for the advertisers to see whether their online ads were useful or not. At the very least, there should be an improvement compared to the classical dilemma; "Half the money I spend on advertising is wasted; the trouble is I don't know which half."

The P&G example above suggests however that the improvement may have been illusional. Despite all the analytics that suggested otherwise, 140 million USD of their digital advertising budget apparently belonged to the wasted half. Maybe all the analytics that sacrifices user privacy does not provide any value after all.

The truth of targeting

Targeting means showing your ads to the people who are most likely to respond positively. Targeting is also purportedly beneficial to the end-user who will end up seeing more "useful" advertisements. Because of these benefits, argue the ad companies, collecting all your personal information is a reasonable compromise. However, despite their best efforts, P&G's CFO Jon Moeller did not have kind words to say.

Clearly we don't need to be spending money that is seen by a bot and not a person. Clearly we don't need to be spending money on ads that are placed in inappropriate places, and that's why you see a significant reduction.

The targeting capabilities that we have today apparently are not very good at distinguishing between a bot and a real human being with a profile that matches what P&G desired. From this, it is reasonable to assume that our current targeting algorithms are even worse at spotting the difference between two humans with different profiles.

Again, collecting all that personal information seems to have been in vain.

Future developments to watch

P&G is not the only company cutting back on digital advertising. Unilever is reportedly doing the same. As a result, in the next few quarters, we should get a better picture as to whether these companies will continue to see strong sales growth despite cutting back, or whether they will see negative impacts and eventually come re-invest in digital. We will also be able to discern whether or not there will be a ripple effect as other companies reconsider their ad portfolios.

If P&G and others do not observe a negative impact despite a continued cut-back on digital spending, then this will significantly blunt the growth of digital advertising. Although I expect this to slow down considerably within the next few years anyway, this may come earlier than I previously though. In the short term however, this will actually benefit Google because they are most likely to be able to maintain advertiser trust by implementing measures to counter the bot issues. In aggregate, I would expect a short term boost followed by an earlier slowdown for Google and Facebook , and an much more imminent downfall for other digital advertising companies.

One possible change that I would very much welcome, is a better understanding of how valuable our personal data really is. Television and magazine advertisements do not collect your personal information, but are nonetheless targeted to a certain degree based on the programme or genre that you are viewing. Targeting itself does not necessarily need personal information as long as the ad placement itself is intelligent, and targeting does not need to stalk your whole Internet browsing habits. Digital advertising might not necessarily need to stalk you. By understanding the true value of these privacy intrusions, our society should be in a much better position to discuss whether we have to make these concessions or not.

Can advertising grow beyond the 1% ceiling?

Given that a large number of Internet companies rely on advertising as their main revenue source, the presence of a hard ceiling should worry venture capitalists who are pouring ever increasing amounts of money into them. If tech is to continue to grow as a whole by high double digits, then tech needs to find a way to either break out of this, or to develop new business models with a more direct revenue.

However, as I have argued, I consider it unlikely that digital advertising is more revolutionary than radio or television advertising, and I strongly doubt that the 1% ceiling will be broken. As digital advertising saturates the ad market as a whole, this market will become a zero-sum game and will not contribute to the growth of overall tech.

Therefore, my belief is that tech needs to stop relying on advertising and that this is starting to be an urgent issue. As the tech advertising space saturates, the current incumbents will become stronger and stronger albeit with slower growth rates. On the flip side, it will be harder and harder for new entrants with an advertising business model to make it. Advertising will quickly cease to be a viable revenue strategy for start ups.

Effectiveness of Online Ads

Jordan Weissmann an article that is very much in alignment with my views and experiences with online advertising.

“We Have No Idea If Online Ads Work: The Internet has given us an ocean of data. Turns out, most of it is pretty useless.”

Some excerpts;

Last year, a group of economists working with eBay’s internal research lab issued a massive experimental study with a simple, startling conclusion: For a large, well-known brand, search ads are probably worthless.

For instance, companies like to run large ad campaigns during major shopping seasons, like Christmas. But if sales double come December, it’s hard to say whether the ad or the holiday was responsible. Companies also understandably like to target audiences they think will like what they’re selling. But that always leads to the nagging question of whether the customer would have gone and purchased the product regardless. Economists call this issue “endogeneity.” Derek Thompson at the Atlantic dubs it the “I-was-gonna-buy-it-anyway problem.”

In the end, it all comes down to the evergreen challenge of distinguishing correlation (e.g., a Facebook user saw an ad and then bought some shoes) from causation (e.g., a Facebook user bought some shoes because he saw an ad).

This is exactly the reason why we stopped using AdWords for our antibody search service. Visitor numbers dropped, but our profits didn’t.

Maybe brands that are just starting out need to use AdWords. Maybe if they never gain brand recognition or loyalty, these brands might have to use AdWords forever. However, if your brand has managed to get some recognition, or if your product offerings are unique and listed high in organic search, it is very likely that AdWords is reducing your profit rather than increasing it.

Google and other internet advertising companies are telling advertisers how much data they have and how effectively they can target customers. However, as a recipient of these advertisements, I’m seldom amused when they blatantly show ads from websites that just I visited the day before. If this is all that big data can do, then Internet advertising companies have a big problem.

Google Plus is an SEO Tool

There was a good article on the New York Times about Google’s spooky social network, Google Plus.

Some quotes from the article;

Thanks to Plus, Google knows about people’s friendships on Gmail, the places they go on maps and how they spend their time on the more than two million websites in Google’s ad network. And it is gathering this information even though relatively few people use Plus as their social network. Plus has 29 million unique monthly users on its website and 41 million on smartphones, with some users overlapping, compared with Facebook’s 128 million users on its website and 108 million on phones, according to Nielsen.

Starbucks, for instance, has three million followers on Plus, meager compared with its 36 million “likes” on Facebook. Yet it updates its Google Plus page for the sake of good search placement, and takes advice from Google representatives on how to optimize Plus content for the search engine.

“When we think about posting on Google Plus, we think about how does it relate to our search efforts,” said Alex Wheeler, vice president of global digital marketing at Starbucks.

Firefoxは職場で多く使われ、Chromeはでプライベートで多く使われる

StatCounterのデータを分析したところ、平日はFirefoxが多く使われる傾向に有り、週末はChromeが多く使われることがわかりました。

このことから職場ではFirefoxが多く使われ、プライベートではChromeが多く使われると想像されます。その原因については後ほど推測してみますが、とりあえずはデータを紹介します。

データ

米国のデータです。それほど大きなスパイクではありませんが、Chromeは週末に多く使われているのがわかります。それに対してFirefoxはスパイクが全く見られず、職場でもプライベートでも使われていることがわかります。参考までにInternet Explorerは週末に下にスパイクしており、週末には比較的使われていないことがわかります。

StatCounter browser US daily 20130620 20131120

日本のデータです。日本の場合はどのブラウザでも大きなスパイクがありません。

StatCounter browser JP daily 20130620 20131120

ドイツのデータです。ドイツは米国と比較するとChromeの使用率が低く、Firefoxの使用率が高いという大きな差がありますが、やはりChromeは若干週末の使用が多く、Firefoxは若干平日の使用が多いというデータになっています。

StatCounter browser DE daily 20130620 20131120

ブラジルのデータです。ここはInternet Explorerが週末に利用が増えていて、Firefoxは平日に利用が増えています。またChromeは余りはっきりしません。

StatCounter browser BR daily 20130620 20131120

このように弱いながらもFirefoxが平日に多く使われ、Chromeが週末に多く使われるという傾向が出ています。

FirefoxとChromeの傾向はどのように推移してきたか

まずはブラジルを見てみます。2010-2011年のデータです。それまでどちらかというと週末での利用が多かったFirefoxが(上方にスパイク)、徐々に平日での利用が多くなるように(下にスパイク)なったことがわかります。おそらくはChromeの対等によりプライベートの利用はFirefoxからChromeに変わったものの、職場にはChromeはそれほど入り込めなかったことが推察されます。

StatCounter browser BR daily 20091120 20111120

次はブラジルの2012-2013年のデータです。2013年の春頃になって、ようやくChromeが職場に入り込んでいく様子が見えてきます(スパイクが小さくなった)。

StatCounter browser BR daily 20111120 20131120

米国の2010-2011年のデータを見ると、それまでプライベートでの利用が多かったFirefox(上方にスパイク)が2011年の中旬に平坦になっていくことがわかります。ブラジルと同じようにプライベートの利用をChromeに奪われた一方、職場での利用は残ったことが推測されます。

StatCounter browser US daily 20091120 20111120

ドイツの2012-2013年のデータも同じような傾向が見られます。

StatCounter browser DE daily 20111120 20131120

考察

上記の結果から以下のことが言えるのではないかと思っています。

  1. 新しい製品が浸透するのは、職場よりも圧倒的にプライベートでの利用が早いです。ブラジルにおいてはChromeが職場に浸透してきましたが、他の国(米国、ドイツ)でChromeが浸透していくかは未知数です。
  2. 職場ではInternet Explorerが強みを発揮していますが、standards compliantなブラウザが必要なときは歴史的にFirefoxが使われてきたと思われます。いったん確立されたこのFirefoxの立場は、容易にはChromeに変わらないのでしょう。

ブラウザの使用率シェアのバイアス

以前に「ブラウザの使用シェア統計はどれが正確か?」という書き込みをしました。ブラウザの使用率統計としてしばしば引用されるNetMarketShareStatCounterのどっちが信用できるかについての内容でした。

NetMarketShareもStatCounterもアクセスログ分析ツールです。Google Analyticsと同じようなものです。そしてNetMarketShareやStatCounterのツールが導入されているウェブサイトのすべてからデータを集めて、ブラウザの使用シェア統計を算出しています。

しかしここが大きな問題です。ウェブに関わっている人は一人残らずGoogle Analyticsのことを知っていますが、NetMarketShareにしてもStatCounterにしても、全く聞いたことがない人が多いのではないでしょうか。

それもそのはずです。Wappalyzerというブラウザ拡張機能を使って調査されたデータを見る限り、68%のウェブサイトはGoogle Analyticsを導入しているものの、StatCounterはわずか2%のサイトしか導入していないのです。NetMarketShareはこれよりもさらに導入数が少なくなっています。つまりStatCounterおよびNetMarketShareはウェブ全体から見ると極小さい標本サイズしかなく、なおかつ標本の中にバイアスがある可能性が高いからです。

したがったこのような統計を使う場合は、そういうことを心にとめる必要があります。私は以下のように注意しています。

  1. シェア(何%)の絶対値は信用しません。例えば2013年12月時点でInternet Explorerのシェアが57.91%というのは基本的に信用できません。またChromeの16.22%も絶対値として信用しません。原則として傾向だけを見ます。
  2. 複数の国を合算した数値は信用しません。国によって標本サイズが違うからです。StatCounterはこのあたりを公開していて、例えばトルコの標本サイズが異常に高いことがわかります。したがって合算した数値よりは、個々の国の数値の方が意味を持ちます。それでも個々の国を見るのではなく、複数の国を見て傾向を判断することが必要です。
  3. 時系列の変化はある程度信用できますが、実際にグラフを見てみると不思議な挙動が起こることが頻繁にあります。したがって時系列の変化も鵜呑みにできません。

一方でこのようなバイアスを全く考えないで記事を書いているブロガーが非常に多いので、そういう記事は眉唾ものだと思って良いでしょう。

CMSの役割について考える

最近ライフサイエンスの研究試薬・機器メーカーのウェブサイトを画期的に良くするサービスを準備していて、その関連でメーカーのウェブサイトを良く眺めています。

そうする中でCMSの存在が気になります。どういう風に気になるかというと、あまりクライアントの役に立っていなくて、むしろウェブサイトを悪化させているのではないかと感じているのです。

ポイントはメーカーのウェブサイトの特徴です;

  1. メーカーウェブサイトのボリュームの大半は製品ページであって、これはほとんど更新することがありません。更新するとしても印刷版のカタログと同期させることが(本来は)必要なので、どこかで更新履歴がまとまっていないと印刷版との同期がおかしくなります。
  2. メーカーウェブサイトの更新の大半はキャンペーンや新製品です。どれも新しいページの作成が必要です。特にキャンペーンページはデザインが重要なので、ウェブデザイナーに依頼します。製品担当が直接ページを作成することはありません。新製品の場合、注力製品であればイメージなども多いので、やはりウェブデザイナーに依頼するのが無難です。

CMSの最大の「売り」は、ウェブデザイナー以外の人がコンテンツを直接書き込めることですが、少なくともメーカーのウェブサイトの場合はそのニーズがそもそもないと感じています。

そうなるとCMSの欠点ばかりが見えてきます。CMSの欠点についてはYahoo知恵袋に良くまとまっていますが、一言で言えばCMS導入業者への依存度が凄く強くなることです。

総合すると

  1. CMSはメーカーにとってはメリットがない
  2. CMS導入業者にとっては継続的に管理費やカスタマイズ費がもらえるので、メリットだらけ

もちろんCMSには他にもメリットがありますが、そのほとんどはDreamWeaverのようにサイト管理機能が充実しているソフトウェアを使えば同等以上のことができます。

  1. CMSはテンプレートでデザインの統一性が保てます。DreamWeaverにもテンプレート機能が充実しています。そしてCMSのテンプレートとDreamWeaverのテンプレートの最大の違いは、CMSだとプログラマーが変更しなければならないのに対して、DreamWeaverのテンプレートはウェブデザイナーが変更できる点です。
  2. CMSに機能拡張をすれば、価格などの情報をデータベースから引っ張ったりできますので、常に最新の価格情報を保証することができます。しかしこれはまず非常に高価です。そしてカスタムなので業者依存がますます強くなります。このあたりは私たちが新しく用意しているサービスを利用すると、うんと安くできます。業者依存も生じません。

DreamWeaverの場合、一番のメリットはこれがデザイナーの標準ツールだということです。デザイン力が高い人材を探すとき、あるいはウェブサイト担当者を変更しればならないときにはこれは凄く重要です。確実に、簡単に、そして安価に引き継ぎが可能です。

もしもそれでもCMSを利用するのであれば、業者依存を生じさせないために、広く普及しているオープンソースのCMSを利用するべきだと考えます。世の中で圧倒的に普及しているCMSはWordPressですので、原則としてWordPressが第一候補です。明確な理由(Wordpressで実現できない機能)がない限り、それ以外のCMSを使うべきではないでしょう。

もちろん「CMSを使うべきかどうか」はケースバイケースで変わります。例えばこのブログはWordPressで動いていますし、Castle104のホームページもWordPressです。

気をつけなければならないのは、「業者は業者依存を増やしたい。なので彼らはCMSを導入したがる」という点です。

高校生のインターネット利用の調査結果について

2011年8月22日にリクルートが高校生のWEB利用状況の実態調査結果を発表したそうです。

  1. 全調査データ

僕は常々、未来を予測するには若い人が育っている環境を見るのがベストだと考えています。ですからとても興味があります。

いろいろ思うことはあるのですが、特にスマートフォンの普及率が興味深いです。高校生のスマートフォン普及率は既に14.9%に達しているそうです。それに呼応するかのように、mixi (23.4%)よりもTwitter (34.0%)の方がすでに利用率が高くなっているとのことです。Facebook (12.7%)も決して少ない数字ではないです。これは驚きでした。

Mixiなどの日本のウェブ産業の多くが携帯電話ビジネスにシフトしていくという話を僕も2009年にブログで紹介しました。その戦略の根幹にあるのは携帯電話のハードウェア上の制限であると結論し、その戦略の危険性について語りました。それが早くも現実化していると感じます。

ITハードウェアの進歩の速度をうまく予見するムーアの法則が知られていますが、iPhoneに代表されるスマートフォンはいまのところこれを遥かにしのぐスピードで進歩しています。そのことを常に意識する必要があります。

スマートフォンの普及によって日本の携帯電話市場を海外メーカーがほぼ独占するようになる時代がくることは十分に予想でき、すでに進行しつつあります。少し遅れて携帯電話の上で利用されるウェブサービスについても、PC上のサービスでしのぎを削ってきた海外のサービスが、日本のサービスを一気に飲み込んでしまうでしょう。

話をバイオに転じると、シーケンサーの進歩もまたムーアの法則をしのぐ猛烈な勢いを見せています。これがライフサイエンス全体にどのような影響をもたらすか、興味が尽きません。

抗体検索サイトのリストと評価

バイオの買物.com まとめて抗体検索

僕が作っているサイトです。相当にいろいろなことを考えて作っていて、はっきり言って世界最高を狙っています。他のサイトにもいろいろな機能はありますが、そのどの機能も取り入れつつ、より優れたものに改変しているつもりです。

目標が達成されているかどうか、それはこのページを見ているご自身で判断ください。Twitterの @naofumi もしくは @BioKaimono に感想をいただければうれしいです。

Exact Antigen 改め Labome.jp

ここは遺伝子名を入力すると、抗体だとかsiRNAだとかタンパク質だとかが検索できるシステムになっています。日本語のは動作が安定していませんが(2011/8/3現在)、英語版のlabome.comは一応動作しています。ロボットでメーカーサイトから自動的に情報をとったり、あるいはスポンサーから情報をもらったりしていると聞いています。
labome.jpは一応日本語を使っていますが、製品の価格は全部USドルですので、日本のサイトとしては役に立ちません。

Biocompare

ページのトップからAntibody Searchを探して抗体検索のページに移動します。

Biocompareは知名度があるだけにメジャーブランドも小さいブランドも含め、非常に多くのメーカーの製品をのせています。残念なのは価格がほとんど敬さされていないこと。US価格すら載っていません。

また検索システムは昔ながらもので、最初にドロップダウンメニューから検索条件を入れていきます。ただ検索に少し時間がかかりますので、たくさんの絞り込みをするのは疲れます。

検索システムで特徴的なのは蛍光色素の選択の仕方です。同じ蛍光波長のものでも、メーカーによって使用する蛍光色素は大きく異なります。特に緑や赤の領域は同じような蛍光色素がたくさんあります。そこでBiocompareでは蛍光波長によってグループ分けし、Blue, Green, Yellow, Orange…などと選択できるようにしています。これは非常に便利です。

海外サイトですので、製品が見つかったとしても価格や果たして日本で売っているのかどうか輸入販売店を探すまではわかりません。

Antibodies-online.com

ここは小さな抗体メーカー(140社)をたくさん集めて、オンラインでの販売も行っているウェブサイトです。大手のメーカーは登録されていません。代金の請求や物流も小さいメーカーに変わってやってくれるそうです。インターネット上の輸入代理店(フナコシ、コスモ)みたいなものでしょうか。

検索システムはファセットナビゲーションは取り入れていますので、絞り込みはしやすいです。

あとメーカーによっては実験データ(ウェスタンとは組織染色の画像)が表示されます。

海外サイトですので、製品が見つかったとしても価格や果たして日本で売っているのかどうか輸入販売店を探すまではわかりません。

コスモバイオ

輸入商社大手のコスモバイオの抗体検索システムです。

製品は非常に多いので、その点は良いです。しかし検索システムはすべてのキーワードをユーザが自分で考えないといけないため、ちょっとドキドキしながら博打を打つような検索体験になります。その他、この検索システムはいろいろと問題があります。一例を「抗体検索の絞り込み条件は『選択式』が正しい」のブログに詳しく書いてあります。

製品が多いし、日本価格も表示されていますので製品が見つかれば良いのですが、見つけるまではかなりがんばることになりそうです。

フナコシ

輸入商社大手のフナコシの抗体検索システムです。

Biocompareの検索システムとよく似ていて、可もなく不可もなくと言ったところです。コスモバイオのものと異なり、例えば標識物はキーワードを入力するのではなく、リストの中から選択する形になります。

しかし残念ながらBiocompareのように蛍光波長でグループ分けせず、蛍光色素のブランドでグループ分けしています。例えば “Alexa Fluor”とか”Cy”とかいうグループ分けです。正直、これじゃ何の色が選ばれるのか全くわかりません。

取扱商品はコスモバイオとそれほど重ならないので、製品を探すときは両方使うことになると思いますが、ウェブサイトとしてどっちが好きかと言えば圧倒的にフナコシの方が好きです。

試薬.com

このウェブサイトは名前がメーカー横断検索サイトのようですが、和光純薬が輸入販売している製品が検索できるだけです。その製品数も限られていますので、横断検索サイトとしてはあまりお勧めできません。

検索システム自体は可もなく不可もなく。Biocompareやフナコシと良く似たシステムです。

バイオ百科

ここは横断検索サイトでコスモバイオの製品もフナコシの製品も、そしてシグマアルドリッチやアブカムの製品までも取り入れていますので、母数としては巨大です。在庫がわかるのも良いです。

ただし検索システムはかなり不思議なものです。

使い勝手が悪いというか、どうもスポンサーに遠慮しているのではないかという気がします。またシステム自体がこれほど多くの抗体を想定した作りになっていませんので、かなり検索が遅くなってしまっています。検索条件を入力するインタフェースはそのものはBiocompare的なもので、可もなく不可もないものです。

このサイトの不思議さについてはブログで紹介してます。

  1. 収益モデルがウェブサイトの使い勝手を決める例:バイオ百科
  2. バイオ百科で抗体検索:僕が使いにくいと感じるところ

最後に

僕が作っている新「まとめて抗体検索」はシステムとしてはダントツに良いとは思います。取り扱いメーカーの拡充もしていく予定です。

それ以外で良さそうなものと言えば、Biocompareではないでしょうか。ただ日本の輸入代理店を探すのが大変なので、Biocompareで見つけた後はフナコシ、コスモバイオ、あるいはバイオ百科で検索しないといけません。バイオ百科はキーワード検索は不思議なことが起こりますが、カタログ番号検索なら問題なくやってくれるので、ここでカタログ番号検索をするのが一番楽かもしれません。

なお、まだこの表には大手抗体メーカーの抗体検索システムを掲載していませんが、徐々に掲載していく予定です。はっきり言って、大手抗体メーカーの方がずっと先を行っているケースが多いです(輸入商社や比較サイトはうちを除いて停滞気味?)。

「ネットの匿名は信用できない」は方便だけど、それはそれでいい

NewImage
「ネットの匿名は信用できない」–ユニクロ柳井会長がFacebookを選んだ理由

ユニクロがFacebookと連動するファッションコミュニティサイト「UNIQLOOKS」を公開しましたが、Facebookと連携して理由についてユニクロ代表取締役会長の柳井正氏は以下のコメントをしたそうです。

「Facebookはアクセス数でGoogleを超えた。世界最大のコミュニティがそこにはある。どうせお店を出すなら世界最大の市場がいい」

Facebookは個人対個人で、しかも匿名でなく実名。これは責任を取れる情報をお互いに交換するということ。それが可能なのは、いまだとFacebookが一番」

「特に日本ではそうだが、インターネットの匿名制は信用できないと思う。本当に参加したとはいえない。単純に意見を言っただけで責任がないからだ。『自分はこう思う』と言ってほしいが、やっぱりそれは実名でなければいけない。Facebookは一番正確に情報を発信したり、受信したりできる媒体で、いまのところアクセス数は世界最大」

日本のインターネットは匿名主義だとか、あるいは実名主義にしていかなければならないという意見はいろいろありますが、そういうイデオロギーはとりあえず考えないことにしましょう。ここではイデオロギーは無意味ですから。

単純なことです。ウェブサイトを所有しているのは企業であり、そのウェブサイトに参加する資格があるのは誰なのか、それを決める権利は企業にあります。企業のウェブサイトに無責任なネガティブコメントが書き込まれれば、企業の収益にマイナスになります(UNIQLOOKSの場合はモデルの容姿に対するコメントにもなるので、無責任な誹謗中傷はモデルにとって特に堪え難い)。だからそういうネガティブコメントを封じつつ、ポジティブコメントが集めやすい仕組みがあれば、企業がそれを選択するのは当然のことです。

Facebookはそういう企業にとって魅力のあるユーザを多数かかえているので、企業はFacebookと連携したがるのです。

善くも悪くも、資本主義社会である以上、企業が世の中を引っ張っていく側面は強くあります。ユニクロをはじめとした各企業がFacebookのユーザ限定のいろいろな企画をすれば、Facebookの実名ユーザが増えます。それはまたその企業のプラスにもなりますので、ポジティブな循環が生まれます。

やはりFacebookの実名主義は強いです。匿名主義ではここまでビジネスを動かせません。そしてそれはインターネットがリアルな社会と結びついていく上でとても良い方向だと思います。

このブログでもFacebookは何回か取り上げていますし、バイオの買物.com公式ブログでもFacebookを論じていますが、こういうのをバイオの業界でも活用できたらと思っています。まだ乗り越えなければならないハードルがたくさんありますが。

Facebook, Twitter, Mixiのデモグラフィックを見てみる

Facebookが日本で普及し始めていることを受けて、斉藤 徹さんがブログ”In the looop”に書いた記事を先日紹介しました。

Facebookの実名主義がとても大切な理由

昨日は斉藤さんの記事に対する反論というか別の見方を「もとまか日記」が書いていました。

Facebookが楽々と世界で普及していった本当の理由

どっちもそれなりに良い指摘はあるのですが、いずれも大切なことを忘れている気がします。それはマーケティングでとても重要な顧客のセグメンテーションです。いずれも顧客のセグメンテーションをせずに、インターネットを利用している人はこうだ!とあたかも一つのセグメントかのように議論しています。

そのもっとも顕著な例が後者のブログに書かれていたこの言葉。

「旧知の友人を探しやすい」
と言っても、昔の友人を探さなければならない人が
そんなに多いとも思えないしね・・・。

日本の人口の大半は、大学時代までインターネットも携帯も使っていない

何を言いたいかというと、日本人の大半は旧知の友人のメールアドレスも知らないし携帯番号も知らないということです。私の場合だと、大学の体育会はOB会がしっかりしているので卒業後にメールアドレスを確認していましたが、それ以外の学生時代の友人でメールアドレスを知っているのは少ししかいません。

日本の人口ピラミッドを見れば一目瞭然です。

日本でインターネットが普及したのは1995年ごろからですが、そのときに大学を卒業した人はいま37歳前後です。日本人の平均年齢は45歳ですし、人口ピラミッドを見ても37歳以下の成人は全体の1/4ぐらいです。

友人同士のコミュニケーションツールとしてのインターネットおよび携帯電話の活用度合いについては、恐らく37歳前後で大きな違いがあるはずです。そして旧知の友人とインターネットでコミュニケーションできていない人は、むしろ大幅に多数を占めていると考えられます。

NewImage

DoubleClick Ad Plannerに見るデモグラフィックの違い

各ウェブサイトを利用しているユーザのデモグラフィックを見るツールとして、Google提供のDoubleClick Ad Plannerがあります。ここのデータの信憑性はハッキリ分かりませんが、他の方法では入手しがたい有益なデータが得られます。FacebookのデータMixiのデータ

例えばFacebook.comの人気上昇ぶりを見てみましょう。ここ半年間で急にアクセスが増えていることがわかります。

Facebook access trend

ではデモグラフィックとして年齢構成をfacebookとmixiとで比較しましょう。なお、このデータは日本からのアクセスのデータで、ガラパゴス携帯電話からのアクセスやアプリからのアクセスは含まれていないと考えられます。

2011 02 18 00 36 22

ハッキリとした違いがあるのは、Facebookのユーザに45歳以上が多いことでしょう。Mixiは30歳から44歳までのセグメントが多くなっています。

どうもこの45歳前後(私が言っている学生時代にインターネットがあったかどうかの境目あたり)がFacebookとMixiの人気の分かれ目のように思います。

恐らく斉藤 徹さんの意見は45歳以降の世代の考えを代表していて、「もとまか日記」さんの意見はそれより前の世代の考えを反映しているのではないでしょうか。お互いの意見が異なるように見えますが、単に違う世代、違うデモグラフィックについて語っているだけのように思えます。

それでFacebookは日本で人気が出るの?

最後に結論ですが、もし斉藤 徹さんの意見が45歳以降の動向を正確に見極めたものであるならば、日本の人口構成を考えたとき、間違いなくFacebookはMixiに迫るかもしくは追い抜く存在になるでしょう。

若い世代にとってはMixiを手放す理由がないのは「もとまか日記」さんの言う通りです。でも実名主義のFacebookは日本のSNSの空白地帯が狙えるのです。それはデモグラフィックを見て初めて分かります。