しつこいんだけど、Twitter Client Usageを分析してみた

もうTwitterで何回かつぶやいているので、しつこいんですけど、140字以内でうまく説明できないので、ブログでももう一回だけ。

Twitstatのデータを元にTwitter Clientの分析をしてみました。データはここ。どういう分析をしたかというと、TwitstatはClientの名前は出ているのですが、どういうタイプのClientかが分からないので、それをグループにして分類しました。

その結果が、下の円グラフ。

Twitter Client Usage.png

それで僕は何に驚いたかというと、ウィンドウズユーザがやたらと少なくて、Macユーザがやたら多いのじゃないかなということです。

  1. Mac専用クライアント(Cocoa APIでつくっているやつ)のシェアがやたら高く、8%もあります。ただしこの中身はTweetieとTwitterifficなので、いずれもiPhone版があるため、Macだけでいうとこの8%よりは少ない数字だとは思います。
  2. Windows専用クライアント(Windows用のAPI、.NETなど)で書かれたクライアントは全くTwitStatのデータに載っていない

ちなみにAdobe Airがすごく多いのですが、これはTweetDeck、twhirl、Seesmicなどで、僕のタイムラインを見ている限り、Macユーザも結構使っています。したがってWindowsユーザは全員Adobe Airアプリを使っていると考えても、Windowsユーザが全然足りないです。

そもそもMacのシェアは世界的に5-10%しかないんですよね。どうなっているのでしょう。

唯一考えられるのは、ぼくがMacと分類しているCocoa APIクライアントが実はほとんどがiPhoneで、iPhoneじゃないCocoa APIクライアントは実は1%ぐらいしかないシナリオ。それでWebとかAdobe Airの合わせて38%あるうちの4%ぐらいがMacというパターン。でもこれも僕のタイムラインを見ている限りでは簡単には信じられないような気がしています。

だれか、うまく説明できる人がいたら教えてください。

アップデート
でもTwitterFon (iPhone専用アプリ)のシェアが1.81%もあるので、あながち僕が考えた「唯一のシナリオ」もあり得るかもしれませんね。そうするとモバイルの人以外は、ほとんどWebかAdobe Airか。でもそんなにtwhirlいいかな…。マックユーザからすると、あのUIはごちゃごちゃしていて好きになれないような気が

新しいWeb技術 SproutCoreがもたらすもの

6月9日のApple Worldwide Developer’s Conferenceは、iPhone 3Gの発表とそれがたった$199で発売されるというニュースで持ち切りでしたが、その陰で他にも非常に興味深い発表が多くありました。

その一つがSproutCoreという技術。これはAppleが発明した技術ではないのですが、Appleが全面的に支援している新しいWeb技術です。ひとことで言うと、SproutCoreを使うとWebの使い勝手が大幅に良くなります。しかも開発が簡単です。

日本語になっている記事がいくつかありますので、下にリンクを用意しました。

  1. アップル、ウェブアプリに向けオープンな「SproutCore」技術を採用か?
  2. アップルのMobileMeを試してみたい人は、SproutCoreをチェックしよう

さて、上のリンクだけだと専門的すぎて、ウェブ開発者でなければ理解できないものばかりです。
そこで僕は、このSproutCore的な技術が、バイオの研究にどのような利点をもたらすかに絞って紹介します。複雑な話なので、順番を追って。

AJAXという技術

HTMLを柱とするウェブ技術は、もともとページという概念が強く、すべての情報はページ単位という考え方でした。紙とかなり概念が似ていました。これはすごくシンプルでネットワーク上も扱いやすいという利点がありましたが、インターネットの双方向性とブロードバンド化が進むに従ってその限界が明確になってきました。

例えばマップ技術を見てみましょう。ぐるなびは初期のインターネットの技術を利用しています。そのため、地図を拡大するにしてもあるいは少しだけ場所をずらすにしても、ページが丸ごと再表示されてしまいます。
これに対してGoogle Mapsではすべての動作がスムーズです。地図の中心をずらすには地図をドラッグすればいいし、拡大縮小のときもページ全体が再描写されることはありません。

これはGoogle MapsでAJAXという技術が利用されているためです。AJAXを使うと、ウェブサイトをページ単位に扱う必要がなく、またドラッグのような操作を使うことができるようになります。ウェブのサイトを見ているというよりは、自分のパソコンにインストールされているソフトを使っている感覚に近くなるのです。

GoogleはMaps以外にもAJAX技術を活用していて、Google Docsではワープロ、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成するためのソフトを無償提供しています。これらはいずれも自分のパソコンにソフトをインストールせずに、マイクロソフト オフィスのような機能と操作性のソフトを提供するものです。

まとめると、パソコンにインストールされたソフトと同じような高い操作性のものが、AJAX技術によってウェブで実現できるようになりました。

ソフト開発におけるフレームワークの重要性

AJAX技術はGoogle MapsとGoogle Docsに代表されるように、非常に強力な技術ですが、残念ながら開発は簡単ではありません。簡単なAJAXはずいぶん多くなりましたが、ユーザが入力したデータまで含めて管理する、Google DocsタイプのAJAXウェブサイトはまだ数えるほどしかありません。

SproutCoreはこの問題を解決してくれる可能性のあるテクノロジーです。これはAJAXソフトのための「フレームワーク」です。ソフトの開発ではこのフレームワークが非常に重要で、優秀なフレームワークがあればプログラマーの生産性は何倍にもなります。

フレームワークというのは例えると電気、ガス,水道、そしてそれを利用する流しやトイレ,コンロ、暖房のようなものです。家を造るために自分で電気、ガス、水道を引くのは大変ですし、トイレやコンロも全部用意するのも面倒です。それらをすべて備え付けておいてくれているのがフレームワークです。あとは居住者の趣味に合わせて家具やカーテンをそろえて、住み心地の良い部屋にすればいいのです。フレームワークはすべての人が必要として、ほぼ共通しているものをあらかじめ用意してくれているものなのです。

いままでもAJAXのフレームワークはいくつかありましたが、どちらかというと電気、ガス,水道どまりのものでした。SproutCoreはさらにトイレ,コンロ、暖房を用意したものになっています。ですから、SproutCoreの出現によって、Google Docsのようにデータまで管理してくれるAJAXウェブサイトが簡単に開発できるようになります。

Appleのサポート

AppleはSproutCoreの開発者を雇い入れ、7月に公開するMobileMeにSproutCoreを全面的に活用します。MobileMe Webアプリケーションとしてはメール、アドレス帳(連絡先)、カレンダー、iDisk、そして写真ギャラリーを用意しますが、いずれもパソコンにインストールされたソフト並みの操作性となっています。AppleはSproutCoreの技術を利用するだけでなく、SproutCoreの開発も支援していて、おかげでずいぶんとSproutCoreの性能が向上したと紹介されています。

バイオへの波及

AJAX技術はバイオにとってかなり重要な技術です。バイオの情報はあまりにも多く、多岐に分かれていますので、ページという単位で表現するのは困難です。情報を閲覧している人がいろいろな絞り込み検索を行ったり、画面の微調整をしたり、自分で整理したりしないと、なかなか目的の情報が得られません。

実際、NCBIもかなり努力をしていて、AJAX技術も使われているようです。Sequence ViewerもおそらくAJAXをかなり活用していると思われます。

SproutCoreなどが普及することにより、Sequence Viewerよりもっともっと使い勝手のいいものが、より多くのバイオインフォマティックス系のウェブサイトに登場することが期待されます。Sequence ViewerそのものがSproutCoreのカスタムコンポーネントとして普及し、データを持っているところであれば簡単に自分のウェブサイトに組み込めるようになるかもしれません。

またPubMedなども、いまでは論文のタイトルとリンクが表示されているだけですが、AJAX技術を利用すれば、ページを移動することなく、素早くSummaryをプレビューできるようになるでしょう。またメールソフトのようにお気に入りの論文をフォルダにドラッグして整理できるようになるかもしれません。

あと、塩基配列を解析して制限酵素サイトを探したり、プラスミドマップを作ったりするソフト。。。。AJAX無しのものとしてはNEBcutterPlasMapperなどはいいと思いますが、もっともっと便利なものができてくるでしょう。

MacのKeynoteをWeb上で実現

いままでデスクトップアプリケーションが必要だったものが、最近ではウェブ上でできてしまいます。

一番有名なのは言うまでもなくGoogle Docs。そしてついこの前知ったのは、Acrobat.com。Google Docsはワープロ・表計算・プレゼンのソフトがすべてそろっていて、マイクロソフトオフィスを不要にしてしまうものです。しかも無料。Acrobat.comはワープロとオンラインミーティングを実現するツールで、これも無料です。しかもAcrobat.comはかっこいい。AdobeはさらにPhotoshop Expressというものも用意しています。Photoshop Expressは写真をFilckrのように公開できるだけでなく、編集もできます。

そして今日知ったのは、なんとMacのKeynoteをウェブで実現してしまうツール。280 Northの280 Slidesというウェブサイト。まだ使っていませんが、Keynoteそっくりでとても楽しみです。

すごい!

技術者向けソーシャル・ノウハウサイト okyuu.com 開設

カカクコムがIT技術者向けのソーシャルサイト okyuu.com のβ版を開始ししたと発表しました。@ITの記事に紹介されていました。

ちょっと見ましたが、まだまだコンテンツが少なく、何とも言えない感じでした。

僕が反応したのは、カカクコムの安田さんのコメント

カカクコムの取締役COO 安田幹広氏は「ITについてのノウハウはネット上にたくさんあるが、Googleなどの一般検索エンジンではノイズが多く、効率的ではない」と指摘し、「専門のエンジンの方がずばりと情報を探せる」とokyuu.comの狙いを説明する。

英語を読むことに抵抗が無くて、ある程度どこで情報を探すべきかがわかっていれば、現状のGoogleでも特に不便は無いので、僕自身は必ずしも安田さんの意見には賛同しません。でもいいポイントをついていると思います。

実際、Googleもこの問題に対して対策を打っているように僕には思えます。それは対象検索サイトを絞り込んだカスタム検索サービスです。バイオの買物.comでの「メーカー限定Google検索」はこれを利用しています。検索対象ウェブサイトを限定することによって、ノイズが減らしています。後は対象検索サイトを登録する仕組みがもう少し工夫できれば、同じ興味を共有するコミュニティーが、S/N比の高いカスタム検索サイトが作れると思います。

okyuu.comのアイデアはバイオではまだ時期尚早だと思いますので、バイオの買物.comでは当面は考えません。でも、たくさんの頭のいい人がいろんなことを考えているので、また何か面白いものがありそうですね。

バイオの製品比較サイト Biocompare

アップデートその2
この記事を書いてから、私が作っているバイオの買物.comはかなりアップデートしています。是非ご覧下さい。

アップデート
Biocompareの抗体検索に、日本のメーカー情報を連動させたサイトを作りました。まとめて抗体検索にありますので、試してみてください。
製品の機能と価格の比較もできます。

英語版しか無いのですが、ライフサイエンス製品の比較サイトとしてBiocompareというものがあります。ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)統合TVサイトビデオによるBiocompareの解説もあります。またJun Seita氏のブログにも紹介されています。

どうも抗体検索機能を高く評価している人が多いようです。

Biocompareはこのようにライフサイエンスで一番有名な製品比較サイトであり、事実上唯一のものです。ライフサイエンスの製品は多くのメーカーから多くの製品が販売されているので、このようなウェブサイトがあるというのは非常にありがたいのは間違いの無いことです。しかしBiocompareは比較サイトとしては本当に十分なものでしょうか。例えば価格.comと比べるとどんなものなんでしょうか。

結論を先に言うと、Biocompareは価格.comなどに比べれば、製品比較サイトとしてはずいぶんとレベルが低いと言えると思います。以下、解説します。

カテゴリー分けに依存しすぎていて、カテゴリーが細かすぎる

例えばPCR用の酵素を探したいとします。そのときは Molecular Biology > PCR/Real-Time PCR > PCR Reagents までいきます。さらにここから > Thermostable Polymerases に入る分けですが、ここに入ったときのカテゴリー分けが実にびっくり。

ちょっと普通に考えると訳が分からない分かれ方になっています。例えばOther Thermostable Polymerasesというカテゴリーが出てきますが、TgoとかTflというのがどんなpolymeraseなのかはPCRマニアでもなかなか知らないはずです。そして実はTgoというのはRocheが発売している非常にFidelityが高いPCR酵素なのですが、これは左にあるHigh Fidelity Polymerasesのカテゴリーには入っていないのです。

提携していないメーカーの製品は載せていない

同じPCR用酵素の中で例えば High Fidelity Hot Start Polymerase を見ると、9つのメーカーの製品が紹介されています。そして下の方に

というのが表示されて、リストアップされていないけど該当する製品を取り扱っているメーカーが表示されています。

繰り返します。下の方に表示されているメーカーの製品はBiocompareの製品リストの中に含まれていません。しかもその中には、PCR酵素で有名なStratagene、それほど有名ではないけど比較的知られているClontechも含まれています。

もっと悲惨な例もあります。Plasmid Purification Kits (Midi)になんとQiagenがない。なんじゃそりゃ〜〜〜!!

つまりBiocompareは情報を提供してくれたメーカー(Biocompareにお金を払わないといけないのかどうかは不明)の製品は載せますが、そうでないメーカーは載せていないのです。Biocompareには網羅性が基本的にありません。Biocompareを見たって言っても、実は一番有名な製品を見逃してしまう可能性は高いのです。

絞り込み抽出条件はメーカー名のみ

驚くべきことに、Biocompareの絞り込み検索はメーカー名しかありません。

これに対して価格.comはこんなに絞り込み条件があります。

大部分の製品は価格が載っていない

どっちみち日本の価格ではなく、アメリカでの価格なので直接関係はないのですが、Biocompareの大部分の製品は価格が掲載されていません。

これはかなり う〜ん という感じです。

比較するスペックが少ない

一覧表で表示されるスペックが非常に少ないです。どうやって比較するんだという感じです。例えば以下の例では、PCR酵素の容量しか書いてません。容量だけ書いてあっても、価格が書いてない訳ですから、いったい何を比較すればいいだって感じです。

これに対して価格.comでは

もう比較のしやすさが月とスッポンです。

ユーザレビューが書き込めない

決定的に重要なことですが、Biocompareでは製品ごとに書き込みをすることができません。価格.comやAmazonでは、製品ごとにユーザが自由に製品をレビューしたりできます。しかしBiocompareにはその機能がありません。

研究者というのは基本的にはメーカーの言うことよりも他の研究者のいうことを圧倒的に信じます。サイエンスというのがpeer reviewの上に成り立っている以上、これは当たり前のことです。なのにユーザがレビューを書き込めないのはBiocompareにとっては大きな欠点と言えると思います。

結論

今回はBiocompareの一側面しか見ていませんが、”compare” = 「比較する」という所においてかなり弱いことがはっきりわかると思います。

どちらかというと「あっ、こんな製品もあったのか」という発見には便利なのですが、そこから掘り下げて具体的にどの製品を購入するかを判断するためには、結局ユーザは相当な不便を強いられることになります。

ライフサイエンスの世界ではBiocompareの競合となる製品比較サイトが無いので、まぁ現状ですませているのでしょうが、製品比較サイトとしては決してレベルの高い作りにはなっていないと言っていいと思います。

まぁ、ひとことで言うと

Bio “compare” ではなく Bio “見つかるかもしれないし、見つからないかもしれない” という名前の方がbiocompareのサイトを正しく表現していると思います。

この記事を含め、ライフサイエンス研究用製品メーカーのウェブサイトのあるべき姿について書いた記事を特集ページにまとめました。あわせてご覧ください。

Google的世界とAmazon的世界

ふと思ったことですが、同じウェブ2.0でもGoogle的世界とAmazon的世界があるなと。そしてそれぞれかなり方向性が違うなと。

Google的な世界で起こっていること;

  1. 簡単にウェブサイトを構築できるツールが非常に多くなっています。ブログツールもそうですが、CMSやSNSだってフリーでホスティングできるようになっています。
  2. ウェブの制作を完全に外注しても、10万円台からやってくれる会社が結構あります。
  3. SEO対策をやってくれるという会社が、もう掃いて捨てても捨てきれないぐらいに多いです。次から次に作られていきます。

要するに、小さなウェブサイトが無数に増えていって、そしてGoogleのような検索エンジンがそれらをすべてランキングし、見つけられるようにする世界です。そしてそれぞれのウェブサイト管理者がSEOなどを施し、Googleでのランキングを上げるように努力する形です。アダム・スミスの言う「神の見えざる手」の役割をGoogleが演じ、無数のウェブサイトは個々バラバラにアクセス数を稼ごうとする中で、結果としてウェブ上の情報が豊かになって人の役に立つように発展していくという世界観です。

それに対してAmazonというのはかなり違う形の世界を描いています。

  1. 可能な限り多くの製品を一つの屋根の下に納め、Amazonが販売します。
  2. 書評を書く人は個々のブログに書き込むのではなく、Amazonのウェブサイトに書き込みます。
  3. コントロールされた自社サイト内の情報と自社で製品を購入した顧客の情報を解析し、各顧客にカスタマイズされたベストの情報を導きだしています。
  4. Amazonで販売されている書籍の評価や売れ行きは、このコントロールされた中で収集された情報の解析結果に左右されて、決定されていきます。

Googleは個々人が無秩序に作成した無数のウェブサイトを解析し、さらにそのウェブサイトを見えざる手で導いています。それに対してAmazonは、自分がコントロールするシステム内に膨大な情報(読者の書評)が書き込まれる仕組みを用意し、コントロールされた環境内での顧客の動向を観察し、誘導しています。

どちらもユーザが作った情報を主体としているという意味でWeb 2.0的です。しかし、無秩序さのレベルにおいて大きく異なります。

完全な無秩序であっても、各ウェブサイトの情報をロボットが理解できるのであればGoogleとAmazonの世界はほとんど同じ結果をもたらすでしょう。同じ情報が書かれているのであれば、Google的世界のようにその情報が無数のウェブサイトに書き込まれていようが、Amazonのように一つの定型システムの中に書かれていようが、結果はそう変わらないはずです。

しかし現実には、GoogleのPage Rankアルゴリズムやその他の自動解析技術は、各ウェブサイトの内容を理解することができません。様々なフォーマットで書かれた無数のウェブサイトの内容を、全体として理解することはできないのです。ですから、少なくとも今の技術水準では、Amazonのような定型システムにしない限り、数多くの情報を総合して全体として理解することは困難なのです。実際Amazonを使うと目的の本が非常に簡単に見つかるのに、Googleだとなかなか目的の情報が見つからないとか、余計な情報ばかり見つかるという経験は誰でもしているでしょう。

残念ながらAmazon的な活動よりもGoogle的な活動が、特にビジネスと関連するところで目立つように思います。ノンプロフィットであればWikipediaもまたAmazon的ですし、Linuxのようなopen source softwareもまたAmazon的だと思います。しかし残念ながらビジネスでは競合している会社が互いに一つのシステムに沿って発展するのはなかなか難しいようです。

本当はもう少しAmazon的な会社が、より多くの分野で活躍した方がウェブの発展のためには良いと思いますが。