Google社内でSamsungの強さを危惧している?

タブレットにおけるAndroidの追い詰められた現状という書き込みをしたばかりですが、The Wall Street Journalに“Samsung Sparks Anxiety at Google”という記事が掲載されましたので紹介します。

Google executives worry that Samsung has become so big—the South Korean company sells about 40% of the gadgets that use Google’s Android software—that it could flex its muscle to renegotiate their arrangement and eat into Google’s lucrative mobile-ad business, people familiar with the matter said.

But Mr. Rubin also said Samsung could become a threat if it gains more ground among mobile-device makers that use Android, the person said. Mr. Rubin said Google’s recent acquisition of Motorola Mobility, which makes Android-based smartphones and tablets, served as a kind of insurance policy against a manufacturer such as Samsung gaining too much power over Android, the person said.

Several people familiar with the relationship between the companies said Google fears that Samsung will demand a greater share of the online-advertising revenue that Google generates from its Web-search engine.

Samsung in the past has received more than 10% of such revenue, one of the people said. Samsung has signaled to Google that it might want more, especially as Google begins to produce more revenue from apps such as Google Maps and YouTube, another person familiar with the matter said.

Samsungが具体的にどのような要求をAndroidに押しつけてくるかはまだ見えてきていません。しかし特にGalaxy Noteシリーズではマルチウィンドウやスタイラスなどの独自機能をかなり前面に出しており、Google
が提供するAndroidだけではタブレット市場で勝つには不十分だと考えていることが強く示唆されています。

FireFox OSも予想以上にメーカーやキャリアからの協力を取り付けている印象で、思いの外にAndroidに対するメーカー、キャリアの不満があるのではないかという気もします。2013年はその姿が少しずつ見えてきそうな気配があります。

大切なことは、マーケットシェア的にはAndroidとiOSが市場を二分しているとはいえ、新規参入の余地がまだあるということです。新規参入の余地は、既存の製品に顧客がどれぐらいの不満を持っているかによって決まるのであって、マーケットシェアによるのではありません。スマートフォンの場合、キャリアは通信料の増大に不満を持っているし、ユーザは電池の持ちに大きな不満があります。両者ともに、今までよりも良いものを求めています。SamsungがGalaxy Sを売り出してスマートフォンのシェア拡大を開始したのはまだ2年ちょっと前です。まだまだいろいろなことが変化し得ます。