He cared!

Steve Jobs:「どうしてアップルに帰ってきたの?」という質問に対して

When I was trying to decide whether to come back to Apple or not I struggled. I talked to a lot of people and got a lot of opinions. And then there I was, late one night, struggling with this and I called up a friend of mine at 2am. I said, ‘should I come back, should I not?’ and the friend replied, ‘Steve, look. I don’t give a fuck about Apple. Just make up your mind’ and hung up. And it was in that moment that I realized I truly cared about Apple.

この話を理解するには、当時のアップルの状態を理解しないといけません。

アップルは本当にひん死の状態で、あまりのひどさにSteve Jobsが直後に所有していたApple株を売っぱらったという話もあるぐらいです。DELL CEOのMicheal Dellも会社を清算することを勧めていました。

二十歳の頃に創業した会社なのに追い出され、今にも破産しそうにされてしまって、そして戻るべきなのかどうか深夜まで悩まなければならないなんて….。心が痛みます。

あなたの会社の社長は、あなたの会社のことを心から思ってくれていますか?

普通、思ってないですよね