Are Chromebooks Losing Market Share in the Sub-$300 Notebook Segment?

Yesterday I wrote about an NPD report that came out for back-to-school PC sales in 2014.

In that report, Chromebook sales were reported to account for 18 percent of all sales of notebooks under $300.

This sounds like good news if you don’t remember what NPD was telling us a year ago. Stephen Baker, NPD’s Vice President of Industry Analysis for Consumer Technology, said the following;

In the last eight months Chromebooks have snagged 20 percent to 25 percent of the U.S. market for laptops that cost less than $300.

If Chromebooks sales have truly fallen from 20-25% market share to 18% market share in the sub-$300 laptop segment, that’s pretty bad news for them. Not that it’s particularly good news for Microsoft either.

Back-to-School PC Sales 2014

NPD published their report for US consumer retail PC sales during the 10 week back-to-school period yesterday.

スクリーンショット 2014 09 25 8 07 49

U.S. consumer retail PC sales grew almost 3 percent during the 10 week Back-to-School period (week of July 4th through Labor Day week) after declining by 2.5 percent in the previous year.

So it seems like PC sales aren’t falling too badly and have actually risen a bit. Mac sales are continuing to be quite strong. Chrome OS has made some gains but not nearly as impressive as compared to 2012-13.

As I have repeatedly said in this blog, what I find interesting is how Microsoft is retaliating to Chromebooks.

Chromebook sales were up 32 percent in 2014 and accounted for more than 5 percent of notebook sales, and 18 percent of all sales of notebooks under $300. Windows notebook ASPs fell over the last three weeks to just $441, which was 8 percent lower than last year, but the price cuts lifted units by 4 percent. Entry-level Windows Notebooks priced under $300 increased by 37 percent as prices dropped from $271 to $242. 2-in-One Windows devices accounted for 13 percent of Windows sales as volume increased 6x over 2013.

What we see is that low-cost Windows notebooks that are price-competitive with Chromebooks are increasing sales in line with the rise in Chromebook sales (37 percent vs. 32 percent). Hence it appears that although Chromebooks sales are up 32 percent, the market share of Chromebooks within the notebooks-under-$300 segment is not increasing. What is happening is that the notebooks-under-$300 segment expanded 30%, and both Chrome OS and Windows machines increased their sales at the same rate within this segment.

Simply put, Chromebooks are not gaining market share relative to Windows notebooks in the sub-$300 segment. What’s happening is that the sub-$300 segment is rising 30%.

Within this segment, Chromebooks have 18% market share whereas Windows has the remainder. To eventually win over Windows, Chromebooks has to be growing much more rapidly. The possibility that Chromebook share is not rising at all in this segment is a huge red flag.

Looking at the big picture, Microsoft has simply made the typical response that an incumbent would make when faced with low-end disruption. Microsoft’s software business is very much fixed-cost, and hence they tend to fiercely guard market share at the expense of margins. They have also made similar responses in the past.

Nothing new here, but still interesting to see this play out according to theory.

Google I/O Keynote

Yesterday, before Google I/O kicked off, I wrote a piece about my worry that Google is winding down Android development. Well today, after reading people talk about the keynote (I haven’t yet taken time to watch the 3 hours), I’m still not sure.

True, Google previewed Android “L”, of which the most impressive part is the user interface (Material Design). This is a significant improvement over the previous UI theme “Holo” which was introduced in ICS (Android 4.0) back in 2011. Most significant are the animations and effects that are obviously powered by GPUs. The user interface concept using “depth” and animations is very similar to iOS 7. The problem is, what versions of Android will be able to run this user interface? To what extent will there be support libraries that enable older Android versions to use it? Given the reliance on GPUs, only a small subset of the animations may make it to older devices.

As always, this is in stark contrast to the situation in iOS. iOS7 supports iPhone 4 which was introduced in 2010, even before ICS was introduced. Although iPhone 4 struggles with some of the animations, it does work rather OK. It is highly unlikely that Material Design will go back that far.

Although Google has succeeded in nullifying the fragmentation issue in many respect through their Google Play Service strategy, and by also providing support libraries which help apps provide backwards compatibility, there are limits to what you can do without renewing the whole OS. Furthermore, solving the software fragmentation issue independently of hardware can actually make the hardware fragmentation issue worse. Also keep in mind that new OS releases can actually help cut off old devices and reduce hardware fragmentation.

In the case of Material Design, the question that developers will face is whether or not to update their apps to support the new look-and-feel. This depends largely on how many users will migrate to the new OS (KitKat is now on 13.6% of devices after being introduced about 8 months ago, iOS7 hit 87% after 7 months), and how difficult it will be to support users on older versions.

In the case of iOS7, supporting both iOS6 and iOS7 was not easy. At the same time, iOS7 adoption was very fast. Hence it made a lot of sense for developers to fully transition to iOS7 only.

For Material Design, the decision will be more complex. The option to fully transition to Material Design and to abandon the Holo UI will not be an option unless Google prepares support libraries that allow Material Design to work on old devices and old OSs. As I said, since Material Design probably makes full use of the GPU, this will be complicated. It could almost be Vista-like.

If Google’s support libraries do not work on a significant number of old devices, then developers will have to support both the Holo UI and the Material Design UI simultaneously. Instead, I expect most developers to simply stick with the Holo UI for a while.

In summary, I think Android has tried hard to move forward and that is confirmation that they are still eager to provide a user experience that is comparable to iOS. They are not slowing down in this regard. The problem is that Android “L” needs a lot of developer support for Material Design to succeed, and the fragmentation issue is likely to be a hinderance.

Personally, as an occasional Android Developer, I wholeheartedly welcome Material Design. I’ve only skimmed through the docs, but in addition to providing a better look, a lot of the nagging issues in the Holo UI have been addressed. I’m particularly happy that small things like overflow indicators have been added to scrollable tabs. Bottom sheets (much like action sheets in iOS) are also a very nice way of handling overflowing controls. I’d be happy if developers could get a support library that may not have fancy animations, but has the same widgets as Material Desgin.

As for the other announcements in the keynote, they actually confirms my concern that Google is trying a bit too hard to find success in other markets. It’s interesting how things like Android Auto have morphed into a CarPlay look-alike. This once again suggests that Google is better off quickly copying Apple rather then trying to pry open markets by themselves. As such, Android Wear is probably a waste of time.

What we really need right now is some feedback from Android developers. Are they excited about Material Design, or are they concerned about the extra effort?

Update

I’ve skimmed through the Google I/O videos, and it looks like the vast majority of Material Design will be exclusive to “L”. Creating a UI that is optimized on both “L” and previous versions of Android does not look like it will be much of a problem as long as you aren’t using the new “L” UI controls.

Is this a good thing or a bad thing?

It’s hard to say. It looks like the transition to Material Design will be slow, primarily because it will take time till the majority of devices will be able to run it. Hence most developers will also be slow to adopt it. They may be especially slow to adopt the new UI controls because that would break compatibility with older devices.

For the high-end, this isn’t good.

For the low-end, this means that there will be minimal hardware fragmentation issues due to lack of GPU power for example. For this segment, it’s probably good.

Chromebookが登場した背景を振り返る

Chromebookの話題を続けたので(1, 2, 3, 4)、いったんChromebookの歴史を振り返ってみたいと思います。情報のソースはWikipediaの記事。これに当時の状況を追加して考えてみたいと思います。

Chrome OSが開発されたのは、まだiPadが登場していなかった頃

Chrome OSが発表されたのは2009年の7月です。このときはまだNetbookが全盛でした。iPadが発表されたのは2010年の1月27日ですから、世の中はまだtabletが世界を席巻するとは全く想像していませんでした。

GoogleのSundar Pichia氏はこう書いています。

Google Chrome OS is an open source, lightweight operating system that will initially be targeted at netbooks.

つまりChrome OSは「もっと良いNetbook」を作るのが目的でした。発表文を見る限り将来的にはデスクトップPCにも広げていこうという意図はあったようですが、当面はNetbookにチャンスがあると考えたようです。

さらにSundar氏は

Google Chrome OS is being created for people who spend most of their time on the web…

と続けます。

しかしすべてはiPadの登場で変わります。

iPadの登場を景気にNetbookカテゴリーが一気に衰退したばかりではなく、フォーカスはウェブからアプリにシフトします。Chrome OSが前提としていたNetbook、そしてウェブを中心としたパソコン利用が同時に崩れたのです。

Chromebookの登場

Chromebookが最初に登場したのは2011年の6月15日です。AcerとSamsungが発売しました。SamsungのモデルはSamsung Series 5 (WiFiのみのモデルで$350USD)、AcerのモデルはAC700 (WiFiのみのモデルで$300USD)でした。なお当初の価格はもうちょっと高く、この価格は半年ぐらいして値下げした後のものです。

登場からすでに1年半が経っています。もう少し売れていたり、ウェブで使用されたり、話題になっていたりしても良さそうです。

個人的には、Chromebookはかなり不幸なタイミングで登場したように感じます。ちょうど前提にしていた市場環境が崩れてしまったときに登場しているのですから。

Chromebookは何台売れているのか?

Chromebookが何台売れているのかについて、Googleは一切公開していません。

そんな中で、結構売れているのではないかという憶測があります。例えばGoogleの副社長のCaesar Senguptaは米国の教育地区の22%がChromebookを使っていると語っていますし、Amazonのランキングで上位に入っている)という話もあります。

一方でChromebookの販売台数に関する情報はごくわずかなのですが、芳しくありません。

例えばNPDの調査 (2013年6月30日 – 9月7日)によると

Chromebooks, which didn’t exist in 2012, added almost 175,000 units to the market this year and provided all the growth in the challenged notebook market; entry-level Windows notebooks (under $300) increased 14 percent, and Windows touch notebooks accounted for 25 percent of Windows notebook sales.

NPDはさらに表を使って、Chromebookのインパクトを示しています。

スクリーンショット 2013 12 18 5 57 17

また以下の数字と比較することもできます。

  1. Appleは2012年1年間で18,158,000台のMacを売り上げました。(Macworldより)
  2. 2012年の第4四半期で、世界のPCの出荷台数は 90,300,000台。米国だけで 17,505,607台。(Gartnerより)

このことから言えるのは

  1. Chromebookは一定の数は売れているようですが、Windowsを脅かすレベルではありません。
  2. Amazonのランキングから想像するとChromebookはもっと売れているように思ってしまいますが、そうではなさそうです。全く売れていないというわけではないのですが、それほどは売れていません。

もう一つ面白い統計は、Chromebook 11がリコールされたことで明るみに出た数字です。HPとGoogleはChromebook 11を2013年の10月から販売し、11月には製品不良のために出荷停止しました。そしてリコール対象の台数は145,000台だそうです。単純に比較はできませんが、NPDのデータの同程度の台数であり、それを裏付けるものと考えても良いと思います。

Googleのスマートフォンの次に来る狙い

Daniel Eran Dilger氏が“Google appears ready to ditch Android over its intellectual property issues”と題された記事で、GoogleがAndroidを放棄する可能性について議論しています。そして様々な状況証拠を並べ、特に新しいものとしてGoogleの新しいChromecastデバイスが、Androidからいろいろな機能をそぎ落としたものになっていることを挙げています。

私は似たような意見を持っていますが、Androidをすぐに放棄するよりは、まずはAndroidをローエンド機用に最適化し、Apple iPhoneとの競合を避けていくのではないかと考えています。

理由はChrome, Android戦略ともに足腰が弱いためです。

Chromeブラウザはパソコンでは高いシェアを獲得しています(どれぐらい高いのかはかなり議論が分かれていますが)。しかしChromeが浸透しているのはここだけです。Android上のChromeは非常に浸透率が悪く、今後大きく改善する状況にはありません。またChromebookはウェブ使用率などの統計で全く登場しないレベルであり、メジャープレイヤーになる兆しはありません。

Chromeがパソコンで高いシェアを獲得している点についても、これは主にWindows XPで動くInternet ExplorerはIE8までだというのが大きな要因だろうと私は考えています。Windows XPの使用が減ればWindows上のデフォルトブラウザはIE 10, IE 11など非常に評判の良いブラウザになってきますので、Chromeのパソコン上の浸透率に陰りが出る可能性は大いにあります。

このようにChromeブラウザ戦略の見通しは必ずしも明るくありません。

一方Android戦略についても、タブレットでiPadに大きく後れをとり、どの統計を見ても使用率で大きく劣っています(販売台数ではiPadで競っているという統計はありますが、使用率では5倍以上の差がついているレポートばかりが出てきます)。Googleは広告で収益を得ている会社ですので、使われないタブレットが市場にあふれても良いことがありません。Google Nexus 7でタブレット戦略に力を入れていますが、初代のNexus 7の販売台数は目立ったものではなく、新型を出したところでどこまで改善するかは未知数です。

この状況でGoogleが自社の戦略を優先して、AndroidからChromeへの移行を積極的に進めることはないと思います。むしろスマートフォン上のAndroidはSamsungやHTCに任せて、タブレット上のAndroidに注力するでしょう。ただタブレット戦略もやり尽くした感があり、Googleにこれ以上何ができるかはっきりしません。

それとAppleが自動車に興味を持っていることが極めてはっきりしてきたので、Google Glassへのフォーカスを切り替えて、Androidを自動車用に作り替えることに必死になるでしょう。またまたAppleの真似です。

そう。これからのGoogleの注力は自動車です(Samsungも)。なぜかってAppleがそうするから。

Chromebook的戦略がうまくいく条件を考える

Chrome OS, Chromebook, Firefox OSはいずれもブラウザを中心としたOSで、アプリは原則としてブラウザの中で動きます。

今のところChrome OS戦略は全然うまく行ってなさそうですが(1, 2)、どうすればうまくいきそうかを少し考えます。

いくつかの重要な用途で、既存の製品の上を行かなければならない

「新しいカテゴリーの製品が成功するためには、いくつかの重要な用途で既存の製品に勝る必要があります。」これはスティーブ・ジョブズ氏がiPadの発表のキーノートで語った言葉です。

Chrome OSのようにブラウザを中心に据えたOSならば、まずは当然ウェブブラウズが既存の製品よりも優れていないと話になりません。

でもそのような話はあまり聞きません。

既存製品ではカバーされていないローエンドを狙う

「既存の製品の上を行かなければならない」というのは、既存製品を既に持っている顧客に売り込むのに必要な戦略です。もう一つのやり方は、既存製品をまだ所有していない潜在顧客を狙うやり方です。この場合はローエンドを狙うことになります。

ローエンドの狙い方は2つあります。なぜならば、既存製品を所有していない理由が2つあるからです。

1つは価格が高すぎるから所有していないケース。もう1つは使いこなせないから所有していないケースです。

したがってローエンドを狙うには以下の方法があります。

  1. 明確に安い価格を設定する。
  2. 徹底的に使いやすくする。

ブラウザを使ったUIは残念ながら使いやすくなることがほとんどありません。ブラウザの中で動かすというのはUI的には大きな制約になります。ほぼ必ず、UIはネイティブアプリに劣ります。したがって2番目の「徹底的に使いやすくする」というのはうまくできません。

したがって残るやり方は1番目の「明確に安い価格を設定する」です。

「明確に安い価格を設定する」にはどうするか

既存製品よりも明確に安い値段を設定するためには、機能を省くしかありません。機能を省きつつ、顧客が大切だと感じるものは残すことが必要です。しかも単純に引き算するというのであれば、既存の製品のラインアップの中で行われているはずです。したがって何か革新的なぐらいの機能の省き方が必要です。

Chrome OS的なブラウザ中心のアプローチがこのような革新的な機能省略を可能にしてくれるかどうかがポイントです。

Chromebookの場合、このような省略の試みは特に見られません。ブラウザ中心ならハードディスクがいらないのではないかと想像できますが、ChromebookはすべてハードディスクやSSDを搭載しています。Chromebookが何か大きな機能省略、コスト省略を可能にしない限り、勝ち目がありません。

Firefox OSは、ブラウザ中心にOSの階層構造を考え直すことによって、より低スペックのデバイスでも十分な性能が出るとしています。これが実現すれば、明確に安い価格設定が可能になるかも知れません。ただし現状では実現可能性が未知数です。

まとめ

ブラウザ中心にすることで、何が省略可能になるか。どのような革新的なコスト削減が可能になるか。

これがはっきりしていればブラウザ中心のOSの勝ち目があり、これが曖昧なら絶対に勝てない。そんな状況だろうと思います。

Chromebookは今どれだけ使われているのか

Chromebookは一番うまくいってもNetbookと同程度にしかならないということは以前にこのブログで書きました。

GoogleはChromebookの売り上げやChrome OSがどれだけ使用されているかについて全くデータを公開していませんが、NetMarketShareが最近、ChromebookのWeb使用統計を分析し始めたようです。

まだChromebookの使用率があまりにも低くて、NetMarketShareが一般に公開しているレポートには登場しませんが、NetMarketShareの広報の人が一部を公開したそうです。

For the week of 4/8 – 4/14, ChromeBook has 0.023 percent weighted worldwide usage. Because it rounds to less than 0.1 percent it’s not showing up in our reports.

同様のデータはStatCounter GlobalStatsからも公開されています(USのデータ)。グラフには出てきませんが、CSV形式のデータをダウンロードするとChrome OSのデータが出てきます。

数字は違いますが、Chrome OSのシェアが非常に少ないのは同じです。なおここのiOSとかAndroidのデータはスマートフォンを除いたタブレットのデータです。

Chrome OSがあまり使われていないというのは十分に想定されていたことですので、特に言うことはありません。ただ、GoogleがChrome OSという方向性を追求し続けているのは事実ですので、今後どのように展開しようとしているかは興味深いです。

Operating System Share(%)
Win7 55.49
MacOSX 11.37
WinXP 10.95
WinVista 9.16
Win8 5.07
iOS 4.87
Linux 1.11
Android 1.01
Win2003 0.49
Playstation 0.16
Unknown 0.14
Chrome OS 0.05
Nintendo 0.03
Win8 RT 0.02
Win2000 0.02
webOS 0.02
BlackBerry OS 0.02

Androidのリーダー、Andy Rubin氏が降ろされた件

アップデート: 3/19日、Satoshi Nakajimaさんのブログに関連した書き込みがありました。単純に人事を根拠に議論しています。そしてどうしてChrome OSとAndroidの統合を急ぐかについては『「すべてをウェブ・アプリケーションとして提供する」というGoogleのビジョンには Chrome OS の方が相性が良い』と書くにとどめています。しかし結論は同じです。AndroidとChrome OSは統合される予定であり、それもChrome OSを優先した形になるということです。私も同意見です。人事を見ただけで十分にこの結論に至ります。

Androidの開発を指揮していたAndy Rubin氏が役割を降ろされ、別の部署に移されることが発表されました。

5月にAndy RubinがD11会議で話す予定だったそうなので、今回の話は比較的唐突だったようです。

いまのところどうしてこうなったのかは全く情報がありません。わかっていることはAndy Rubin氏の代わりにAndroidを指揮するのがSundar Pichai氏だということだけです。Sundar Pichai氏はChromeおよびChrome OS、Google Appsを担当しています。したがって今回の人事発表を素直に解釈すると、GoogleはAndroidとChrome OSの統合を急いでいると推察ができます。それもAndroidを優先させた統合ではなく、Chrome OSを優先させた統合となりそうです。

果たしそんなことは合理性があるのでしょうか。

Googleの最近の動きをまとめてみる

どうしてそんなことをするのか、どんな意味があるのかは全くの推察ですが、今月のGoogleの動きをいくつか列挙して、その傾向を見てみます。

  1. Andy Rubin氏の代わりにSundar Pichai氏がAndroidの指揮することになった。
  2. Chrome for Androidにdata compression proxyという機能が追加されました。まだ試用段階ですが、実現すれば、Androidのすべてのウェブトラフィックは一端Googleのサーバを経由することになります。
  3. Google RSS Readerの廃止
  4. Google、Play Storeから広告ブロックアプリを一斉削除

3と4から読み取れるのは、Googleの収益の9割をしめる広告収入へのこだわりです。広告収入に十分に貢献しないサービスは終了させ、広告収入を脅かすアプリは排除するという動きです。Googleが広告収入に完全に依存しているのは今に始まった話ではありませんが、広告ブロックアプリを一斉削除するなどの強硬姿勢を見せたのは初めてです。

さて、この強硬姿勢と上記の1, 2には関係はあるでしょうか?

Data compression proxyがあれば、Googleはユーザが閲覧するウェブサイトをすべて把握できる

2のdata compression proxyという仕組みはChromeのネットワーク接続をすべてGoogleサーバ経由にする仕組みです。ユーザにとってはスピードの向上というメリットをうたっていますが、それ以上にGoogleにメリットがあります。Googleのサーバを経由する情報を解析すれば、Googleは各Androidユーザがどのようなウェブサイトを見てるかを完全に把握することが可能で、その情報を元にターゲティングされた広告を流すことができるようになります。これは既にGMailでGoogleが行っていることではありますが、メールだけでなく、今度はウェブも対象に含めようという話です。したがって2の動きについても、Googleの広告強硬姿勢とマッチしています。

Chrome OSとdata compression proxyの組み合わせで、Googleはスマホの全活動を把握できる

1のAndy Rubin氏降ろしはどうでしょうか。このためにはChrome OSのGoogleにとってのポテンシャルを考える必要があります。

まずは以下の思考実験をしてみます。

もしGoogleがFirefox OSのようなChrome OSをスマートフォンで普及させ、すべてのネットトラフィックがdata compression proxyを通るようになったらどうなるでしょうか?

Firefox OSではネイティブアプリもHTML, Javascriptで書きますので、ウェブアクセスは原則としてブラウザ経由となります。そのブラウザがdata compression proxyにつながっていれば、ネイティブアプリのネットワーク接続もすべてdata compression proxyを通るようにできます。

スマートフォンではウェブよりもアプリの方が話題になっていますが、モバイルアプリ上に表示される広告はGoogleの弱点です。競合にたくさん入られてしまっています。しかしモバイルアプリを含めてすべての広告がGoogleのサーバを経由し、情報がすべてGoogleに筒抜けになれば対応が可能です。

つまりこのFirefox OS的なOS、Googleの場合はChrome OSの方がGoogleの広告モデルにとって有益です。

こう考えると、1のAndy Rubin氏外しも広告強硬姿勢と一貫します。

ということはAndroidからChrome OSへの切り替えが起こる

もしもGoogleの経営陣がAndroidからChrome OSへの切り替えを考えているのならば、タイミングは今です。急がないといけません。理由はFirefox OSです。すでに多くのキャリアがFirefox OSのサポートを表明していますので、Firefox OSが成功する可能性があります。先に成功されるのはまずいのです。同じアプローチを採るChrome OSとしてはローンチで大幅に遅れるのは致命傷です。

ちなみにAsymcoのHorace Dediuも最近Androidの開発が止まることを想定し始めています