Google Play Revenue Growth May Be Slowing

In mid-2013, I wrote (in Japanese) about the unhealthy dependency of Google Play revenue growth on Asia.

Google Play growth is dependent on APAC whereas iOS App Store is more balanced.

NewImage

Google Play is dominated by Japanese/Korean titles

NewImage

Google Play APAC revenue is dominated by Japan/Korea

NewImage

In fact, Japan revenue is so strong that AppAnnie released a report with the title “Japan Spotlight: Hey Big Spender! Japan Outspends US, Continues Its Meteoric Growth”. In this report, AppAnnie tells us that Japanese Google Play revenues are disproportionately high (twice normal levels in comparison to iOS);

In the last year, Google Play app revenue has caught up with iOS in Japan, compared to the rest of the world where iOS app revenue is well over double that of Google Play on an aggregate basis.

From these data points, I predicted the following;

  1. If DoCoMo started selling the iPhone, then worldwide Google Play revenue would stagnate and maybe even start decreasing.
  2. At the time when the above data points were taken, DoCoMo sold only Android smartphones and no iPhones. Since DoCoMo is Japan’s largest carrier, the vast majority of Android devices in Japan were sold to DoCoMo subscribers. Many of these people actually preferred an iPhone, but were bound to DoCoMo because of the breadth of their network.
  3. If DoCoMo started selling iPhones, it was obvious that the market share of Android in Japan would decrease for 24-months (the duration of a contract).
  4. A decrease in Android market share would mean that Google Play revenue from Japan would stagnate or decrease. Since Japan is Google Play’s largest market by far, this would significantly impact Google Play sales worldwide.

We may be starting to see this happening.

On January 8th, 2014, Distimo released an analysis of December 2013. In that report, they mentioned the following (bold styles added by me);

The month of December, including the holiday business, led to a revenue growth of 18 percent for the combined revenue from the Apple App Store and Google Play compared to November. Relative to July 2013, the combined revenue grew by 38 percent. Looking at the app store level, both graphs show a clearly steeper slope. This increase translates into a growth in revenue of 17 percent for Google Play and an even stronger 18 percent for the Apple App Store from November to December 2013.

Although it is irrational to draw conclusions from a single month’s worth of data, if we see this trend continuing, then yes, we might be seeing the effects of my prediction. Ideally, we would also like to see market growth broken down by country, data which AppAnnie may soon provide.

NewImage

ドコモのiPhone発売報道を受けて

ドコモがiPhoneを発売することになりそうだという報道が出て、やっとドコモがあきらめたかと思いました。いずれiPhoneを発売するしかないだろうというのは数年前からきわめてはっきりしていて、ようやく「ツートップ戦略」の空回りを受けてあきらめたのかなと思います。

さてドコモがiPhoneを売れば、国内市場がiPhoneだらけになるのはかなり明白です。そして国内の携帯メーカーが大きな打撃を受けることも間違いありません。それはそれで、誰もが予想できることなのであまり話すことは無いと思います。

興味があるのは、今回のことがどれぐらい世界の携帯電話事情に影響を与えるかです。

スマートフォンは今や先進国だけでなく、中国やインド、インドネシアなど、人口が多い途上国でも浸透してきています。ドコモがiPhoneを売るようになっても、世界のスマートフォン シェア争いには大きな影響はありません。

しかしスマートフォンアプリの市場、特に有料アプリの市場は未だに先進国で占められていて、発展途上国はあまり有料アプリを購入していません。しかも有料アプリ市場は、おそらくオンラインゲームの人気により、日本が世界で一番大きいのです。したがってドコモがiPhoneを発売することで、有料アプリ市場の大きなシフトがおこる可能性があります。

この辺りは以前の書き込み、「Android Google Playの収益の危険な地域性(その3)」でも紹介しました。

日本はドコモがiPhoneを販売していないのにもかかわらず、iPhoneのシェアが高くなっています。したがってドコモが仮にiPhoneを販売し始めれば、日本のiPhoneのシェアが激増し、Androidのシェアが激減する可能性があります。これは日本内でのGoogle Playの収益が激減することを意味します。日本の寄与が大きいだけに、日本一国での収益減少により、Google Playの全世界での収益性が減少に転じる可能性があります。

携帯電話は24ヶ月縛りがありますので、実際に数字に影響が出てくるのはこれから1年後ぐらいからだろうと思いますが、Google Playが大きく失速し、結果としてAndroidプラットフォームの将来性を疑問視する声が大きくなる可能性があります。

ツートップ戦略の評価

ドコモが5月以来の「ツートップ」戦略を継承し、3機種を重点販売する「スリートップ」を行うことがロイターより報じられました(「ドコモの冬商戦、ソニー・シャープ・富士通を重点販売へ=関係筋」)。

ドコモの「ツートップ」戦略というのは、長年のパートナーであった国産メーカーを半ば切り捨ててまで敢行したものでしたので、新しい「スリートップ」の議論をする前に、ツートップの評価をするべきだろうと思います。

それで私の知る限り、最も終始するべき指標はMNPの出入りのデータではないかと思いますので、それを簡単に紹介します。

2013年6月までのデータですがHighChartsFreQuentブログにMNPの推移がまとめられています。

3社比較 MNP 携帯電話番号持ち運び 制度利用数の推移をグラフ化

その後の7月のMNPのデータは、au: +70,100, Softbank: +40,600, DoCoMo: -112,400 となっています。したがって少なくとも7月時点までは明確な改善は確認できません。

DoCoMoは業績発表でも、「ツートップ」戦略はMNP流出の改善につながっていないとDoCoMo自身が述べています。

かなり過激な戦略だった「ツートップ」でも明確な改善が見られませんし、「スリートップ」が「ツートップ」より効力がある根拠もありません。

国内メーカーにしてみれば、「スリートップ」戦略と、DoCoMoがiPhoneを導入するのと、どっちが痛いのか気になります。