Chrome Browser Promotion Effectiveness

Chrome is definitely a popular browser for Windows (it is debatable how popular it actally is, because the web usage tracking reports tend to not agree with each other). However, it is not very clear why it is popular.

I have tried to explain part of the reason by showing a positive correlation between Windows XP usage and Chrome adoption. This correlation suggests that users with older and less powerful machines will tend to use Chrome, either because they use Windows XP which does not run IE9 and above, or because Chrome runs better on these machines. On newer and more powerful machines, you can use the latest versions of IE (on Windows 7 or 8), and the performance will be good enough for general use.

This correlation however was not enough in magnitude to explain the popularity of Chrome.

Here I would like to note some tactics that Google is using, which have probably been very effective (Windows users at least will be quite familiar with them).

Google Home Page

スクリーンショット_092914_080746_AM

The top page for Google Search displays a banner that invites you to install Google Chrome. Since Google Search has dominant market share, this is obviously a very powerful way to promote Chrome. The problem is, most modern browsers have a search field somewhere in the UI controls which takes you directly to the search results. Hence most people will only rarely visit Google’s top page.

Adobe PDF Reader Download Page

If my memory serves my right, Microsoft was banned from bundling a PDF-viewer into Windows due to antitrust issues. As a result, users are generally required to separately install the Adobe PDF Reader to view PDF documents on the web.

When you go the Adobe’s web site to install the Adobe PDF Reader, this it the page you get.

Adobe does not simply show you a banner to install Google Chrome. It bundles Google Chrome (and the Google Toolbar) so that they are automatically installed together with the PDF Reader, unless you explicitly opt-out. This is tens or maybe hundreds of times more effective than a banner.

スクリーンショット_092914_083058_AM

And in case if you’re wondering whether Adobe makes Chrome your default browser or not, well why not? It is the default browser unless you access a hidden screen and opt-out.

スクリーンショット_092914_083528_AM

So to summarize, when normal users install Adobe PDF Reader onto their PCs, their default browser will now be Google Chrome, without their knowing it.

This is generally known as bundling, but in this case, it’s closer to a trojan horse.

Google has used this tactic with other browser plug-ins before, in particular to get users to install Google Toolbar. It is nothing new.

How much does this cost Google?

I have no information on how much Google might be paying Adobe to bundle Chrome with their PDF Viewer. We do know however how much Google is paying Mozilla to use Google as the default search engine. Google paid $300 million per year. The vast majority of Mozilla’s revenue is actually from this deal.

I wouldn’t be surprised at all if Google was paying Adobe in the tens of millions or even in the hundreds. It is not impossible that payments to Adobe exceed those to Mozilla. Keep in mind that Adobe’s PDF viewer has much higher market share than Firefox ever did.

Only Google

Google is the only browser manufacturer that is using these kinds of promotions. If fact, it is likely that Google is the only third-party browser vendor which has deep enough pockets to do this kind of thing. Mozilla is a non-profit organization, which relies on Google for most of its revenue. Opera is developed by a company that generated total revenue of 300 million USD in 2014. While this is a respectable amount of revenue, it is similar to the money that Google gives Mozilla. There is no way either Mozilla or Opera could fund promotion campaigns that would require bidding against Google. As expected, Google has a monopoly on these promotions. I have never seen similar ones from either Mozilla or Opera.

How effective are these promotions?

Without any data to go by, we can only speculate on the effectiveness of these promotions. However evidence suggests that at least the Adobe bundling promotion would be quite effective.

We know that Adobe PDF viewer is the defacto standard for viewing PDFs on Windows, and few people would not install it. We can also safely assume that most people would just use the default settings (install Chrome and make it your default browser) when downloading PDF viewer.

This is huge by any measure.

What can Microsoft do about this?

To prevent plug-in vendors from being a launchpad for bundled Chrome installs, Microsoft could rely on integrating plugins into IE itself. There may be problems related to antitrust however. It is interesting to note that Windows 8 does have a Metro-style Reader app that can display PDF files. There might be parts of the antitrust ruling which Microsoft could work around. However in general, I guess that it would be difficult for Microsoft to do enough integration to stop the leaks.

They could also make it more difficult for Chrome to be set up as the default browser behind your back. Adobe’s web site hides this setting so users won’t know that they are actually letting this happen. This however might also have antitrust issues.

I tend to think that it will be very difficult for Microsoft to stop this. Improving the performance of IE alone will not help. They have to include their own PDF plugin.

What does this mean?

As Chrome’s popularity has risen, many people have assumed that it was due to Chrome’s performance advantages. Although this may have been a factor, knowing that most users do not actively change default settings, I was doubtful if this could have been the most significant reason.

In my previous post, I had postulated that maybe Windows XP (which only runs up to IE8) was the reason. However the statistics, although inconclusive, suggested that it was not the major factor.

In this post, I looked at the promotions that Google was doing. Although the amount that Google is actually spending has not been disclosed, it is likely that they are spending very large amounts of money which none of their competitors could afford. Given the breadth and stealthiness of these promotions, I think it is safe to assume that these have contributed significantly. These promotions might even have been more important than any real performance improvements.

If this is the case, then no amount of performance improvements on the IE side will help IE’s market share. Chrome will continue to gain regardless.

The one bright side is that Microsoft might be able to include a simple PDF viewer plugin. A further understanding of the antitrust issues is required to see if this will be possible or not.

Update

After a bit of research on the web, it seems that Adobe was threatening Microsoft with an antitrust lawsuit over the inclusion of PDF-export features in MS-Office. I could not find any articles that suggested that this expanded to a Microsoft-developed PDF-viewer plugin in IE (it could be a confidential agreement between the two parties), but it is not unreasonable to guess that it was.

Firefoxは職場で多く使われ、Chromeはでプライベートで多く使われる

StatCounterのデータを分析したところ、平日はFirefoxが多く使われる傾向に有り、週末はChromeが多く使われることがわかりました。

このことから職場ではFirefoxが多く使われ、プライベートではChromeが多く使われると想像されます。その原因については後ほど推測してみますが、とりあえずはデータを紹介します。

データ

米国のデータです。それほど大きなスパイクではありませんが、Chromeは週末に多く使われているのがわかります。それに対してFirefoxはスパイクが全く見られず、職場でもプライベートでも使われていることがわかります。参考までにInternet Explorerは週末に下にスパイクしており、週末には比較的使われていないことがわかります。

StatCounter browser US daily 20130620 20131120

日本のデータです。日本の場合はどのブラウザでも大きなスパイクがありません。

StatCounter browser JP daily 20130620 20131120

ドイツのデータです。ドイツは米国と比較するとChromeの使用率が低く、Firefoxの使用率が高いという大きな差がありますが、やはりChromeは若干週末の使用が多く、Firefoxは若干平日の使用が多いというデータになっています。

StatCounter browser DE daily 20130620 20131120

ブラジルのデータです。ここはInternet Explorerが週末に利用が増えていて、Firefoxは平日に利用が増えています。またChromeは余りはっきりしません。

StatCounter browser BR daily 20130620 20131120

このように弱いながらもFirefoxが平日に多く使われ、Chromeが週末に多く使われるという傾向が出ています。

FirefoxとChromeの傾向はどのように推移してきたか

まずはブラジルを見てみます。2010-2011年のデータです。それまでどちらかというと週末での利用が多かったFirefoxが(上方にスパイク)、徐々に平日での利用が多くなるように(下にスパイク)なったことがわかります。おそらくはChromeの対等によりプライベートの利用はFirefoxからChromeに変わったものの、職場にはChromeはそれほど入り込めなかったことが推察されます。

StatCounter browser BR daily 20091120 20111120

次はブラジルの2012-2013年のデータです。2013年の春頃になって、ようやくChromeが職場に入り込んでいく様子が見えてきます(スパイクが小さくなった)。

StatCounter browser BR daily 20111120 20131120

米国の2010-2011年のデータを見ると、それまでプライベートでの利用が多かったFirefox(上方にスパイク)が2011年の中旬に平坦になっていくことがわかります。ブラジルと同じようにプライベートの利用をChromeに奪われた一方、職場での利用は残ったことが推測されます。

StatCounter browser US daily 20091120 20111120

ドイツの2012-2013年のデータも同じような傾向が見られます。

StatCounter browser DE daily 20111120 20131120

考察

上記の結果から以下のことが言えるのではないかと思っています。

  1. 新しい製品が浸透するのは、職場よりも圧倒的にプライベートでの利用が早いです。ブラジルにおいてはChromeが職場に浸透してきましたが、他の国(米国、ドイツ)でChromeが浸透していくかは未知数です。
  2. 職場ではInternet Explorerが強みを発揮していますが、standards compliantなブラウザが必要なときは歴史的にFirefoxが使われてきたと思われます。いったん確立されたこのFirefoxの立場は、容易にはChromeに変わらないのでしょう。

お金持ちの国はExplorerを使い、貧乏な国はChrome, Firefoxを使う

ちょっと極端な題名ですが、50の国を比較してみた結果、一人あたりGDPが高い国はInternet Explorerを使う傾向にあり、一人あたりGDPが低い国はChromeもしくはFirefoxを使う傾向にあることがわかりました。

各国の一人あたりGDPはIMFの2010-2012年の数字、それぞれの国の使用OSと使用ブラウザはStatCounterの2013年7月のデータを使いました。また使用した国は、CIAの各国インターネット人口統計の上位から50国としました。

仮説はこうです。

  1. 一人あたりGDPが低い国は古いパソコンを使い続ける傾向が強く、未だにWindows XPの使用率が高いでしょう。
  2. Windows XPではInternet Explorer 8までしか使えません。Internet Explorer 8は性能が悪いので、ChromeやFireFoxを使っている人が多いでしょう。グラフは別のポストに掲載していますのでここでは掲載しませんが、Windows XPの使用率とChromeやFireFoxを使っている人の割合は相関します。
  3. 逆に一人あたりGDPが高い国は新しいパソコンに買い換えている傾向が強く、Windows 7の使用率が高いでしょう。
  4. WindowsではInternet Explorer 9もしくは10が使えます。特にInternet Explorer 10はChromeよりも高速だという結果も出ており、高性能です。敢えて標準ブラウザを使わずに、FireFoxやChromeに移るインセンティブが低いため、Internet Explorerを使っている人が多いでしょう。

以下はデータです。

スクリーンショット 2013 07 30 10 28 35

仮説通りになっていることがわかります。

そして表題の通り「お金持ちの国はExplorerを使い、貧乏な国はChrome, Firefoxを使う」という傾向が鮮明に出ていることがわかります。

なおFireFoxを選ぶかChromeを選ぶかは一人あたりGDPとは相関はなく、別の要因で決まるようです。そのため一人あたりGDPとChrome使用率だけの相関は弱くなります。

緑で記したデータ点は中国と韓国です。韓国は政治的な理由で異常にIE使用率が高いので除外しています。中国はUser Agent Stringを書き換えているブラウザが多く使われている可能性が高く、StatCounterのデータの信頼性が低いと考えています。

考察

Chromeの使用シェアが拡大しているというデータもありますが、Googleにとっては喜ぶことばかりではないでしょう。確かに一人あたりGDPが少ない国でも快適にウェブブラウジングができるのはChromeやFirefoxのおかげです。しかしGoogleとしては広告収入が多く期待できる先進国でのシェア拡大が一番欲しいのではないでしょうか。

先進国ではWindows XPの使用率はかなり減ってきていて、Windows 7がメジャーになっています。Chromeは一時高性能でならしましたが、徐々にIE 10やIE 11に追いつき、測定結果によっては追い越されてきています。この傾向が続けば一般の人のChrome, FireFox離れが起こる可能性があります。

なおChromeがシェアを拡大しているのか、それとも縮小させているのかはStatCounterのデータNetMarketShareのデータで互いに反対の結果になっており、よくわからないのが現状です。今回の分析の結果に単純にしたがえば、ChromeやFirefoxの使用率は減っていくと予想されます。

Chromeが思ったほど速くないという話

ブラウザで一番高速なのはChromeじゃないかという前提でいろいろな議論がされている気がしたので、試しにベンチマークを取りました。

少なくとも私が書いているJavascriptにおいては、ChromeだろうがSafariだろうがFirefoxだろうが十分な性能が出ていますので、Android中心に話します。

下図がGalaxy SII WiMax (ISW11SC, Exynos 4210 Dual-core 1.4GHz), Android 4.0.4上でJavascriptベンチマークであるSunspider 1.0のベンチマークを実行したときの結果です。

以下のことがわかります。

  1. Chromeが一番高速とは言えない。
  2. Firefoxは独自のJavascriptエンジンを使っていますが、ChromeのV8と同等の結果が出ている。
  3. DolphinがどのようなJavascriptエンジンを使っているかははっきりわかりませんが、V8だろうとは想像しています。いずれにしてもChromeと同等の性能が出ています。

つまり、少なくともAndroid上ではChromeのJavascriptが特別に速いという感じはありません。

スクリーンショット 2013 05 14 11 03 51

ベンチマークの結果には反映されませんが、少なくとも私が書いているWebサイトを表示させる限り、AndroidのChromeはかなり遅いです。最新バージョンでも遅いです。これについては別の機会に示したいと思います。

いずれにしてもChromeのJavascriptは特別に速いとは限らないようです。Javascriptをたくさん使ってウェブサイトを書いている身としては、ちょっと残念な感じです。

Firefoxの功績を考える:FirefoxはなぜGoogleから10億ドルがもらえるのか

Images先週GoogleとFirefoxはパートナーシップを更新し、Googleから3年間で10億ドル(800億円弱)が支払われることになったと報じられました。

Chrome Engineer: Firefox Is A Partner, Not A Competitor

Firefoxは今までもGoogleとのパートナーシップが主な収入源で、実に84%に相当していました。この資金の見返りとしてFirefoxのデフォルトの検索エンジンはGoogleとなり、Googleに広告収入が入るのをFirefoxが手助けするという形になります。

今回更新された契約額は以前のものよりも数倍高くなっているようです。Firefoxのマーケットシェアは20%以上で、競合のMicrosoftに持っていかれてしまうのをGoogleが恐れた可能性もあります。

いずれにしてもGoogleはChromeというやはりシェアが20%の製品を抱えながらも、競合のFirefoxとパートナーシップを継続しているわけです。そこで自分なりにブラウザ開発の歴史を振り返り、このパートナーシップの意義について考えたいと思います。 Continue reading Firefoxの功績を考える:FirefoxはなぜGoogleから10億ドルがもらえるのか