ブラウザの使用率シェアのバイアス

以前に「ブラウザの使用シェア統計はどれが正確か?」という書き込みをしました。ブラウザの使用率統計としてしばしば引用されるNetMarketShareStatCounterのどっちが信用できるかについての内容でした。

NetMarketShareもStatCounterもアクセスログ分析ツールです。Google Analyticsと同じようなものです。そしてNetMarketShareやStatCounterのツールが導入されているウェブサイトのすべてからデータを集めて、ブラウザの使用シェア統計を算出しています。

しかしここが大きな問題です。ウェブに関わっている人は一人残らずGoogle Analyticsのことを知っていますが、NetMarketShareにしてもStatCounterにしても、全く聞いたことがない人が多いのではないでしょうか。

それもそのはずです。Wappalyzerというブラウザ拡張機能を使って調査されたデータを見る限り、68%のウェブサイトはGoogle Analyticsを導入しているものの、StatCounterはわずか2%のサイトしか導入していないのです。NetMarketShareはこれよりもさらに導入数が少なくなっています。つまりStatCounterおよびNetMarketShareはウェブ全体から見ると極小さい標本サイズしかなく、なおかつ標本の中にバイアスがある可能性が高いからです。

したがったこのような統計を使う場合は、そういうことを心にとめる必要があります。私は以下のように注意しています。

  1. シェア(何%)の絶対値は信用しません。例えば2013年12月時点でInternet Explorerのシェアが57.91%というのは基本的に信用できません。またChromeの16.22%も絶対値として信用しません。原則として傾向だけを見ます。
  2. 複数の国を合算した数値は信用しません。国によって標本サイズが違うからです。StatCounterはこのあたりを公開していて、例えばトルコの標本サイズが異常に高いことがわかります。したがって合算した数値よりは、個々の国の数値の方が意味を持ちます。それでも個々の国を見るのではなく、複数の国を見て傾向を判断することが必要です。
  3. 時系列の変化はある程度信用できますが、実際にグラフを見てみると不思議な挙動が起こることが頻繁にあります。したがって時系列の変化も鵜呑みにできません。

一方でこのようなバイアスを全く考えないで記事を書いているブロガーが非常に多いので、そういう記事は眉唾ものだと思って良いでしょう。

ブラウザの使用シェア統計はどれが正確か?

このブログではブラウザの使用統計を頻繁に使って議論をしています。特にStatCounterをよく使います。しかしその統計は信用できるものでしょうか?

答えからいうと、そのままでは信用できません。

もう一つよく使われているブラウザ使用統計はNetMarketShareがありますが、どちらかというとこちらの方が信頼性が高いと考えられることが多いです。ただNetMarketsShareの場合は細かいデータは有料になってしまいます。StatCounterは地域ごとの細かいデータまで無償で公開されています。

このあたりの細かい議論は、Roger Capriotti氏が書き下ろしています

StatCounterはChromeの使用シェアが高く出ているのに対して、NetMarketShareはInternet Explorerの使用シェアが高く出ています。したがってGoogle派か、Microsoft派によってもどっちを信用するかは変わってくるようです。

ただウェブログ解析をしている人の考え方に近いのはNetMarketShareの方です。NetMarketShareは訪問者数を分析しているのに対して、StatCounterはページビューを分析しています。いまどきページビューを使ってウェブサイトのログ解析をする人はいません。

また私自身、仕事の関係上一日中ウェブを使っていますが、そうなると「普通」の人よりも100倍ぐらいページビューを出していることだってあります。そのままカウントされたデータは意味が無いと自分自身が思います。

またNetMarketShareは地域ごとのサンプル数のバイアスを考慮していますが、StatCounterはそれをしていません。地域ごとのサンプルバイアスというのは、例えばStatCounterの場合は日本人によるページビューが少ないのに対して、トルコ人によるページビューが非常に多いです。NetMarketShareであればインターネット人口を元に補正をかけますが、StatCounterはそのままにしています。したがってトルコ人のネット使用傾向が最終データに強く表れます。

私は絶対値はNetMarketShareの方を信頼しています(ということは、まだまだInternet Explorerがダントツで一番使用されているブラウザだと考えています)。しかし細かいデータが公開されていませんので、「傾向」で十分に議論ができるような場合はStatCounterを使っています。

iPhone, Mac, Androidの週末・平日での使用量

StatCounterのデータを見ると、いろんなデバイスやOS、ブラウザが週末と平日とでどのように使われているかを知ることができます。

iPhoneは平日使用され、Androidは週末に使われる

スクリーンショット 2013 01 08 1 13

解釈に困るデータですが、iPhoneが平日に多く使用されるのに対して、Androidはその逆の傾向が出ています。すごくキレイな逆相関です。

対照として米国のデータも出しますが、特にそのような傾向はありません。

Us iphone android weekend vs weekday

日本とアメリカの市場の大きな違いは最大のキャリア(日本ではドコモ)がiPhoneを扱っているかいないかですが、それを考えてもますます謎が深まるばかりです。ドコモのユーザが平日よりも週末にスマートフォンを使う理由があるとも思いません。

唯一考えられるのは、会社でiPhoneを支給している会社が多いのに対して、会社でAndroidを支給しているのが明確に少ないのかも知れません。ドコモの企業ユーザはAndroidに乗り換えるよりは、現行のiModeで十分と考えているのかも知れません。

もしそうだとするならば、今後この企業ユーザがいずれドコモのAndroidを使うようになるのか、それともKDDI/SoftbankのiPhoneに乗り換えるのか、ドコモにとってはかなり重要なポイントになりそうです。

なお、日本企業が支給する携帯はまだ圧倒的に非スマートフォンであるデータが2012年の7月に発表されています。

いくつかの国でも見ましたが、日本と同じようにiPhoneとAndroidで休日・平日の使用がキレイに分かれている国はなかなかありません。Singaporeなどは多少似ています。Spainではむしろ逆の傾向が見られます。

PCのOSの休日・平日の違い

同じような解析をPCのOSで行ったのが以下のグラフ。まずは日本のデータ。

PC OS weekday vs weekend 4

Windowsの中でもWin7とVistaは週末に使われる傾向にあり、Win XPが平日に使われる傾向があります。日本の企業は未だにWin XPを多く使っているようです。Macは平日に使われることが多く、職場での利用がメインのようです(個人的にはこの結果は意外でした)。日本のiOS (iPad)の利用はまだ少ないようですが、特に平日と休日の差は見られませんでした。

次に米国のデータ。

US desktop OS weekend vs weekday 2

米国では職場でもWin7が浸透してきているようで、平日と休日の差が無くなっています。Win XPを使っているのは主に職場のようです。Vistaは休日に良く使われています。Macは日本と違い休日と平日の差が無く、米国の方が家庭にも浸透しているようです。さらにiOS (iPad)は週末に使用が多くなるようです。

statCounterの統計 201301

statCounterという、ウェブ使用統計が簡単にわかるサイトがあります。この統計をちょっと見てきます。

米国PC用ブラウザ(含むタブレット)の統計

StatCounter US browser 2013 01 06 17 24

  1. クリスマスになるとIEの使用率が減ってChromeの使用率が上がります。
  2. それに対してFirefoxの使用率は目立った変化はありません。
  3. iPadの使用率はクリスマスで大幅に上昇。1月になっても継続しています。
  4. Androidの使用率は大幅に上昇。しかしベースが非常に低い。

米国モバイル用ブラウザ(スマートフォンやフィーチャーフォン)の統計

StatCounter mobile browser 20130106

  1. 米国ではAndroidが2012年を通して使用率が減少する傾向。対してiPhoneの使用率が上昇する傾向。
  2. 2012年のクリスマス期はその傾向が特に強く出ました。