Windows is Cheaper Than Android

I have written quite a few posts on the topic of how Android hardware OEMs are losing their position inside the value chain.

  1. Android OEMs and The Law Of Conservation Of Attractive Profits
  2. What Happens When Hardware Makers Can Make No Profit
  3. Will Attractive Profits in the Android Ecosystem Move to Component Makers?
  4. Understanding Hardware Modularization in the Android Ecosystem
  5. Samsung Mobile’s End Game

What we are currently witnessing is a macroscopic trend that is working out almost exactly as Clayton Christensen’s disruption theory would predict. The way that Samsung is losing both market share and profits is typical disruption. However at this point, it is still not clear where the attractive profits will shift to.

As I discussed in the second article (What Happens When Hardware Makers Can Make No Profit), hardware OEMs tend to do funny things (crapware) when they can no longer make direct profits. You can’t blame them because they are fighting for their survival. What Google is doing with Android One is quite extreme because they are effectively preventing OEMs from doing crapware. They are basically saying that we’re not letting you pull the tricks that you need to survive.

What makes this situation even more convoluted is the fact that although Google does not make any direct profit from Android, Microsoft makes huge amounts of money. In fact, Samsung paid Microsoft 1 billion USD last year for using Microsoft’s patents in their Android phones (based on the number of Android devices sold). This amounts to 1% of total handset revenues. It is well known that Microsoft has similar patent agreements in place with many other major smartphone manufacturers. This is almost all pure profits and hence it is almost certain that Microsoft is making more profit from Android than Google itself.

Adding a further twist, Microsoft is now handing out Windows for free for devices with a display that is smaller than 9-inches. This will no doubt include the right to use Microsoft’s patents as they are included in Windows. Hence compared to Android, Windows will be 1 billion USD cheaper for Samsung. For OEMs, using Windows is much much cheaper than using Android.

Now let’s look at this from a hardware OEMs viewpoint.

  1. They cannot make money through hardware differentiation and are now scrounging for pennies.
  2. In the PC-era, they would have added crapware and bloatware because of the pennies that it would bring in. This was more important than any sales lost due to a worse customer experience (customer experience wasn’t the main concern).
  3. In the smartphone-era, Google is stopping them from placing their crapware in prominent locations on Android. OEMs will be more desperate for pennies.
  4. If OEMs decide to use Windows instead of Android, then they can save pennies. Microsoft might also be less strict with crapware. Windows might be significantly cheaper for OEMs compared to using Android.

The current situation is very complex, and it is hard to say whether Windows will manage to grow through its price benefit. It will no doubt be fascinating to watch as the knots get untied.

Jobs-to-be-done in India

Just happened to read an article on The New York Times with a very interesting quote;

“Micromax is giving India what it wants: more bang for the buck,” Rahul Sharma, its co-founder and chief executive, said in a phone interview. “Most Indians don’t walk into a store asking for a smartphone; they go, “Bhaiyya, isme chat chalega?” (“Brother, will the chat apps work on this phone?”)

I suspect that this is not only relevant to the Indian market, but also key to getting “late-majority” and “laggards” to switch from feature phones to smartphones, even in countries like Japan with its ferocious appetite for high-end iPhones.

This is the ultimate jobs-to-be-done for smartphones. The specs or OS or ecosystems of smartphones don’t really matter.

Brands that are Strong in Developing Countries

In some previous posts (1, 2 in Japanese), I argued that it is very unlikely that the low-price Moto G smartphone will succeed in developing countries, despite being priced below $200 and having relatively high specs.

My argument was based on basic marketing principles, the 4Ps of the marketing mix. In essence, successfully selling a product requires the following to be considered;

  1. Product: Does the product satisfy the demands of the customer?
  2. Price: Is the price right?
  3. Promotion: Is promotion sufficient? Are customers aware of the product?
  4. Distribution (Place): Is the product available at convenient locations?

The Moto G has the Product and Price right. Although the price is a little bit on the high end for developing countries, the high specifications should be able to offset that. The problem lies in Promotion and Distribution. My understanding was that the Motorola brand and the distribution channel was weak in developing countries due to historically having put little effort in these regions.

A recent report by Jana (“Watch out Android: Windows Phone could become the world’s 2nd most popular OS”), although focused on Windows phone, also confirms that Motorola’s brand is weak in developing countries.

スクリーンショット 2014 01 25 14 55 09

With this in mind, I continue to believe that the Moto G will struggle in developing countries.

Some analysts comment that the low price of the Moto G phone, [made possible only by Google’s willingness to forego profit in exchange for unit sales](http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303497804579242511374858016), will put pressure on Samsung to lower its margins. I expect that this will not be the case, and the Moto G will be a non-issue.

Interestingly, Nokia continues to be very strong which is a good sign for Windows Phone.

Androidがローエンドマシンに向かない話の振り返り

今日、久々に第4世代iPod Touchを触りながら、9ヶ月前に書いた「Androidがあまりにも高いスペックが必要で、ローエンドマシンに向かないという話
を振り返って見ました。

第4世代iPod TouchはCPUが800MHzシングルコアのA4で、RAMは256MB、ディスプレイは3.5インチのretinaです。2010年9月発売ですが、これでiOS 6を動かすと結構快適なのです。

ドコモ P-01D CPU Snapdragon シングルコア1GHz、512MB RAM、Android2.3と同程度の快適さでした。ただしAndroidは使っているうちにどんどん遅くなってしまうので、テスト前にハードリセットをした場合との比較です。

何よりも、retinaディスプレイがRAM 256MBで快適に動いているのが凄いと思います。

第4世代iPod TouchはiPhone4と同世代でRAMが半分だという以外は同じですが、そのiPhone4で最新のiOS7が快適に動くとも言われています。

ハードが低スペックでもソフトウェア次第でまだまだ使えると改めて感じました。

ところで9ヶ月前に書いたブログではTizenもしくはFirefox OSが途上国で売れるようになることを想像していました。時期としては2014年を想定していました。しかしどうやらすでに2013年の間に、Windows Phone 8のNokia Lumia 520がそのシナリオに従って成功し始めているようです。

そのLumia 520はスペックがiPhone 4レベルでAndroid 4.0に必要なRAMすらありません(512 MBのみ)。Firefox OSが狙っているのと同程度のローエンドです。

予想したよりも時期が早かったので役者の予想も外しましたが、Androidがローエンドから食われるという予想自体は当たっていたかもしれません。

Moto Gがどれぐらい売れているかを推測してみる

昨日のポスト「Windows Phoneについて思うこと」の中で、Windows Phoneが成功するための1つの戦略、low-end disruption戦略について解説しました。そしてlow-end disruptionが成功するかどうかはまず最初にはMoto Gが売れないこと、さらにその次にSamsungが有力な対抗馬(同価格帯で同等以上の性能)を出せないことにかかっていると述べました。

まずはMoto Gについてですが、GoogleはNexusやMotorolaの販売台数に一切公開してきていませんので、今後も公式なコメントが出るとは期待しにくいです。あくまでも推測として現状を考えてみます。

状況証拠としては以下のことがあります;

  1. Moto Gは途上国やヨーロッパを狙って開発されました。そして当初はブラジル、メキシコ、チリ、アルゼンチン、イギリス、ドイツ、フランスとカナダで発売し(2013年11月中旬)、段階的に米国を含めた30ヶ国に広げていくというローンチ戦略が予定されていました。
  2. しかし2013年11月26日に速くもその計画が変更されました。すぐに米国で発売が発表され、開始されました。
  3. Moto Gの在庫切れの情報はウェブには報告されておらず、流通チャンネルには十分な在庫があるようです。

シナリオとしては以下の可能性が考えられます;

ポジティブシナリオ

  1. 11月中旬の発表で思った以上に米国の反響が良かったので、米国での販売を前倒しした可能性。
  2. あるいは米国限定で発売している兄貴分のMoto Xがあまりにも散々な売り上げなので、急遽Moto Gの米国での販売を先送りした可能性。
  3. いずれにしてもMoto Gの在庫は潤沢に用意していたので、急激な変更に対抗できた可能性。

ネガティブシナリオ

  1. 途上国を中心に販売を準備したものの、顧客または流通チャンネルの反応が鈍く、急遽在庫が過剰になってしまった可能性。
  2. 実際に発売しても思ったほどは売れなくて、在庫が過剰になっている可能性。

推測

どっちにシナリオが正しいかはわかりません。しかし間違いがないのは在庫が十分にあることです。それも流通チャンネルの在庫ではなく(こっちの在庫は簡単に米国に回せない)、モトローラの倉庫の在庫です。

スマートフォンの世界で人気の機種が、発売当初からこのように在庫が潤沢というのは珍しいように思います。

Windows Phoneについて思うこと

「果たしてWindows Phoneに勝ち目はあるのか?」

多くの評論家はAndroidとiPhoneが市場を独占していることを挙げ、もはやWindows Phoneが入り込むスキはないと考えています。だからこそWindows Phoneの今後の展開に興味が尽きません。Windows Phoneがもし成功すれば、このような評論家がそもそもイノベーションや市場の展開を理解できていないという根拠になるからです。

私自身がイノベーションや市場を理解しているかどうか。私自身の理論を検証するためにはWindows Phoneの展開を予想をしてみることが重要なのです。

まずは私が考えている理論を解説します。Clayton Christensen氏の理論に強く影響された考え方です。

  1. Android (というよりはSamsung)とiPhoneが市場を独占しているのは間違いありません。いくらMicrosoftが強大とはいえ、正面から市場に入っていっても勝てません。
  2. Windows Phoneの強みはMicrosoftが作ったOS、MS-Officeの歴史的遺産、企業におけるMicrosoftの浸透度、Nokiaの製品料・デザイン力、そしてNokiaのマーケティング・流通力です。資産はたくさんあるので、それをどれだけ動員できるかがポイントです。
  3. 後から市場に入り込む場合はローエンドから入るのが一般的です。Christensen氏のいうlow-end disruptionです。ただし単に利幅を犠牲にするのではなく、ローエンドでの強みを持っていることが必要です。ローエンドから入る場合、ハイエンドユーザが要求するような高スペックを満たす必要がありません。
  4. トップブランドはlow-end disruptionに対して抵抗力がありますが、中堅ブランドはlow-end disruptionに弱い傾向があります。なぜなら中堅ブランドは今まで差別化戦略ではなく低価格戦略で勝負してきているからです。

以上を元に、Windows Phoneに勝ち目がある戦略を考えます。

Low-end disruption戦略

Windows Phoneが低スペックなローエンド機に強みを持っているのはLumina 520で照明されています。定価で170 USD(もちろんSIMロックフリー)のこのデバイスはスペック的にはRAMが512MBしかなく、CPUはDual-core 1GHzと低スペックです。それにも関わらずUIがヌルサクと評判です(1, 2)。もちろん最新のWindows Phone 8が搭載されています。ちなみにこのスペックはAndroidだったら普通、Android 4.0を搭載できないスペックです。したがってWindows PhoneはAndroidよりもローエンド機に向いているのは間違いなさそうです。(Android 4.4 KitKatも512MB RAMで動くように改良されていますが、実際に試したというレビューがまだないので、何とも言えません)

スマートフォンのローエンド戦略は途上国をターゲットすることになります。途上国ではNokiaのブランドと流通チャンネルが大きな強みです。Windows Phoneはこれに乗ることができますので強みがあります。

Windows Phoneの最大の弱みはアプリが少ないといわれている点です。しかしローエンドでは主要なアプリさえあれば十分なはずです。そしてそれはおおむね実現できていそうです。TwitterもFacebookもLinkedInもTumblrもAmazonもAmazon KindleもEvernoteもWhatsAppもあります。地図アプリもあります。LINEもあります。もちろん完全ではありませんが、主要アプリはかなりカバーできています。

こう見るとWindows Phoneはlow-end disruption戦略を実行するのに十分な準備ができているように思えます。実際大きく販売が伸び、ヨーロッパの主要国ではシェアが10%を超え、USでは5%に近づいてきているというKantarの報告があります。

Low-end disruptionが今後も継続できるかどうかを見るには以下のことがポイントになります;

  1. 原則としてブランド力も流通力もないMoto Gが売れるとは考えにくいのですが、万が一売れるとなればLumina 520の勢いをとめる力にはなります。
  2. Lumina 520の真の対抗馬が出るかどうかはSamsungの今後の新機種にかかっています。Samsungの現行製品ではLumina 520の価格帯のものはGalaxy Y (3インチ画面、800MHz CPU、180MB RAM、Android 2.3)とかGalaxy Ace(3.5インチ画面、800MHz CPU、158MB RAM、Android 2.3)です。あるいはちょっと高くなるとGalaxy S (4インチ画面、1GHz CPU、768MB RAM、Android 4.0)があります。Lumina 520に対抗できないのもうなずけます。今後KitKat 4.4を搭載したSamsungの低価格機がどれぐらいの値段で発売され、どれぐらいのヌルサク感が出るかがポイントです。
  3. Samsungの新KitKat機が十分な性能を出せないとなると、Androidがそもそも低スペック機に向かないのではないかということになります。Googleが今後改良を続けても解消できないことも考えられます。こうなるとローエンドでの勢いは止められなくなります。

ローエンド機を売ることから出発し、徐々にミッドレンジに入り込むというのがlow-end disruptionの展開です。そのためには、Windows Phoneが徐々に力を付けていくことが必要です。そしてその力というのはおそらくはアプリの数と品質でしょう。アプリの数と品質がそこそこのレベルに達するとミッドレンジに力強く攻め込めるようになります。

アプリの数を見ていけば、将来的にdisruptionまで到達するかどうかが見えてきます。

企業での強み、MS-Officeの強みを活かす戦略

現時点ではこの戦略は可能性としてあるものの、具体的には見えてきていません。スマートフォンよりはタブレットの方で先にこの戦略は展開されるだろうと思います。